成人式の振袖準備ガイド

  • 振袖にはどんな種類があるの?種類別に振袖と帯の着用シーンを解説

振袖にはどんな種類があるの?種類別に振袖と帯の着用シーンを解説

「振袖を買いたいけど、どんな種類があるの?」
「結婚式やパーティーにも成人式と同じ振袖を着て大丈夫なの?」

振袖には大・中・小振袖の3種類があります。

どんな種類があるのか、違いはどのようなところにあるのか、振袖を着るうえでは知っておきたい知識です。

その他には柄や染技法にも豊富な種類があり、独特の意味も持っているのです。

今回は、振袖ごとの着用シーン、袖の長さや格の違いから、柄と染技法の種類まで解説をしていきます。
京都きもの友禅を見てみる

振袖3種類の格や袖の長さの違いを紹介

  • 大振袖(本振袖)
  • 中振袖
  • 小振袖

大振袖(本振袖)の特徴と着用シーン

大振袖は、袖丈が三尺~三尺三寸、つまり約114~125cmの長い袖を持つ着物。第一礼装として未婚女性が着用し、最も格の高い振袖です。

また、「五つ紋」が付く黒や白、赤などの振袖を「本振袖」、婚礼衣装用の振袖を「引き振袖(お引きずり)」として分けていましたが、最近では大振袖に含むこともあります。

ひとつの模様が着物の縫い目でも途切れず、繋がっている一枚の絵になっている「絵羽づけ」も大振袖の特徴です。

大振袖(本振袖)の着用シーン

大振袖の主な着用シーンは自身の結婚式で、お色直しの衣装として着用されます。

以前は中振袖が成人式での一般的な装いでしたが、最近では大振袖での成人式の出席も増えています。

中振袖の特徴と着用シーン

中振袖は、袖の長さが二尺四寸~二尺八寸とされており、袖丈は約91~106cmの長さです。

大振袖に次いで格式が高く、準礼装とされているのがこの中振袖です。

中振袖(本振袖)の着用シーン

成人式衣装としてよく着用されるのが、この中振袖です。友人からお呼ばれされた結婚式に着用することも出来ます。

一つ注意点として、花嫁衣装と色がかぶっていないか、花嫁よりも目立つ衣装でないかを確認しましょう。

他にも卒業式に成人式で着た振袖を卒業袴と合わせて着用したり、卒業式以外の慶事や謝恩会に着用しても問題ありません。

ですが、礼装として着用する場合には、色柄や紋付をチェックするようにしましょう。

小振袖の特徴と着用シーン

小振袖は袖の長さが二尺~二尺三寸とされており、袖丈は約76~87㎝の長さです。格は準礼装に分類されています。

他の振袖に比べると、軽くて動きやすいという特徴を持っています。

小振袖(本振袖)の着用シーン

小振袖は卒業袴と合わせて卒業式に着用するのが定番です。

今まで袴姿の伝統的なルールとして、色無地紋付に紺の袴、足元は草履でしたが、現代では袴の色は紫や緑など選択肢が広がりました。

卒業式以外には観劇やお茶会、パーティーなどのお出かけ、お見合い結納での訪問着や付け下げとして着用することもできます。

訪問着は未婚、既婚の区別なく、和服の社交着として着られています。

振袖の種類を『色』『テイスト』の2つの基準で分けてみた

振袖は数多くの種類があり、どういう風に選べばわからないものです。

そこで『色』『テイスト』の2つの基準で振袖の種類を紹介したいと思います。

振袖の色

赤の振袖

赤の振袖
成人式は、大人への門出を祝う日ということもあり、1番人気があるのは赤系の振袖です。パッと華やかで目を引く色なので、晴れ着にとても向いています。
赤の振袖一覧を見る

青の振袖

青の振袖
青は、柄の赤や金と色の対比が美しく映える色です。「他の人とはかぶりたくない」「個性を出したい」という人におすすめのカラーです。
青の振袖一覧を見る

黄色・オレンジの振袖

黄色・オレンジの振袖
黄色・オレンジは明るく元気な印象の色であり、成人式でもとても華やかに振舞うことができます。
黄色・オレンジの振袖一覧を見る

白・ピンクの振袖

白・ピンクの振袖
華やかだけど柔らかなピンク・白は、柔らかい・可愛らしい雰囲気の人にピッタリです。
白・ピンクの振袖一覧を見る

緑の振袖

緑の振袖
緑は、葉や茎の色であり、梅や桜など花柄にもよく馴染みます。また青は、柄の赤や金と色の対比が美しく映える色です。
緑の振袖一覧を見る

茶・黒・紫の振袖

茶・黒・紫の振袖
茶・黒・紫は落ち着いた知的な印象を与える、クールなカラーだといえます。
茶・黒・紫の振袖一覧を見る

振袖のテイスト

振袖の種類は4種類あります。

振袖の帯2種類と結び方の紹介

帯には袋帯と丸帯の2種類がある

振袖につける帯は袋帯と丸帯の2種類があります。

袋帯は、振袖や留袖、訪問着など礼装用の着物に使われます。丸帯は、表にも裏にも模様のある豪華なものです。

振袖でも着用されますが、主に婚礼衣装や舞妓の衣装として着用されます。

どちらも浴衣の帯に比べると厚みや重さ、長さがあり、扱いづらいのが特徴です。

帯の結び方

帯の結び方は主に文庫結び、立て矢結び、お太鼓結びの3種類があります。

この3種類はどれも基本形で、さらにアレンジして変わり結びをすることが出来ます。

文庫結び

振袖の文庫結び
文庫結びはシンプルな形の仕上がりになる結び方で、すっきりまとまりのある印象を与えます。清楚で可愛らしい文庫結びは日本の伝統的な結び方です。

立て矢結び

振袖の立て矢結び
立て矢結びは大きな蝶結びが斜めについた結び方です。可愛らしさより豪華で大人らしい印象を与えます。柄の落ち着いた振袖や、背の高い方へおすすめな結び方です。

お太鼓結び

振袖のお太鼓結び
お太鼓結びは落ち着いた、女性らしい印象になる結び方です。古典柄からモダン柄までさまざまなデザインの振袖に似合います。

他の結び方よりもくずれにくいので、振袖姿を安心して過ごせます。

しかし、華やかな振袖には落ち着きすぎてしまう印象もあるので、一度結んだ後に確認してみましょう。

振袖も帯も種類が多くて不安なら専門店へ

ここまで振袖や帯の種類についてお話してきました。選べるものが多すぎて、振袖選びもコーディネートも実際には難しいものです。

そのため、多くの着物専門店ではスタッフが一緒にご要望に合わせた振袖選びをしてくれたり、より一層似合う振袖や小物を紹介してくれたりします。

中でもおすすめな京都きもの友禅でも、種類や流行を把握した頼れるスタッフがいつでも振袖選びをサポートしてくれます。

振袖の品揃えが豊富なのはもちろん、優秀な着付け師がどんな帯の結び方でも実現してくれます。

まとめ|振袖の種類はたくさんあるので自分に似合うものを見つけよう

最後に振袖の種類のおさらいです。大切なポイントは以下の3つです。

  • 振袖には大・中・小振袖があり、成人式には中振袖が一般的
  • 振袖につける帯は袋帯と丸帯の2種類
  • 帯の基本的な結び方は文庫結び、立て矢結び、お太鼓結びの3種類

振袖にも帯にも多くの種類があり、この数ある振袖から自分に似合うものを見つけるのは大変です。

アドバイザーと一緒に振袖全体のバランスを考えながら、納得のいく振袖を選べる京都きもの友禅を利用してみてはいかがでしょうか。

振袖をレンタル、購入していただいた方は、写真撮影や袴レンタルを優待価格でご利用いただけます。

また、「振袖My Size」という身長・体形に合わせた振袖選びも実施しています。

まずは気軽に相談、見学だけでも訪れてみてください。

京都きもの友禅を見てみる

TOP