成人式の振袖準備ガイド

  • 振袖にはこんなに種類がある!成人式に着る振袖の選び方

振袖にはこんなに種類がある!成人式に着る振袖の選び方

 

着物には袖の長さやつくりによって意味や役割、着用場所も変わるという特徴があります。「気に入った振袖を見つけたい!」と思うと、つい気になってしまうのは「色」や「絵柄」。見た目だけではなく、振袖に込められた意味なども知っておくと、ご自分にぴったりと合う、すてきな装いのできる振袖が見つかりやすいかもしれません。

「やっぱり着たい!」成人式には振袖

「振袖の特徴は?」と聞かれたら、「和服(和装)の中で袖が長く、新成人になった女性が成人式で着用するもの」と答えられる方が多いでしょう。振袖は古来、舞台に立つ役者の演技を大きく華やかに見せるため、着物の袖を長くしたことがはじまりといわれていました。

成人式も大人としての人生の初舞台。大人の女性としての第一歩を「振袖」で華やかに装うのは、とても大切な価値のあることです。

また、正装として未婚の女性が着用できる礼装であるのも、この「振袖」。既婚女性が着用する留袖や訪問着も、礼装として着用することがありますが、結婚したあとは和装の標準的な長さの袖の着物を着ることがマナーとされていました。

そのため、結婚した女性は、振袖の「袖」を切り詰めて短くし、振袖を訪問着のように着用する習慣もあります。

振袖は成人式のときにだけ?

和装の中でも「格」が高く、高価で正装となる振袖は、成人式以外でも着用できるので、購入する人もたくさんいます。成人式の後には、袴と合わせて卒業式で着用したり、招待された結婚式で着用したり。もちろん、結納やご自分の結婚式に着用される方もいらっしゃいます。

さらに、ご家族の中で、姉妹が同じ振袖を着たり、将来お子様が誕生したとき、お嬢様の成人式に着せてあげたりすることもできます。高品質だからこそ、成人式の後にも長く着ることができるのが「振袖」なのです。

「振袖」3つの種類とふさわしい着用シーン

振袖の種類は、「大振袖」「中振袖」「小振袖」の大きく3つに分かれ、種類によって着用シーンも異なります。

最も格式高い大振袖(本振袖)

大振袖は、袖丈が三尺~三尺三寸、つまり、約114~125cmの長い袖を持つ着物。第一礼装として未婚女性が着用する「格」の高い装いです。また、以前は中振袖が成人式での一般的な装いでしたが、最近では大振袖で成人式に出席する女性もいます。

生地の色が決まっている婚礼衣装とは対照的に、成人式で着用される「大振袖」の場合には、華やかなものからシックなものまで、色と絵柄もさまざま。さらに、ひとつの模様が着物の縫い目でも途切れず、繋がっている一枚の絵になっている「絵羽づけ」も大振袖の特徴です。

また、「五つ紋」が付く黒や白、赤などの振袖を「本振袖」、婚礼衣装用の振袖を「引き振袖(お引きずり)」として分けていましたが、最近では大振袖に含むこともあります。

成人式でよく目にする中振袖

中振袖は袖の長さが二尺四寸~二尺八寸とされており、袖丈は約91~106cmの長さになる振袖です。成人式でよく着用されるのが、この「中振袖」です。

成人式で着た振袖を、袴と合わせて卒業式で着用するのは、NGではありませんが、袴に合わせるのは「中振袖」が正式な着用方法です。最近では、中振袖も礼装に含められることがあるので、卒業式や慶事に着用しても問題はありません。

ですが、礼装として着用する場合には、絵柄や紋付をチェックするようにしましょう。

観劇や訪問着に合わせる小振袖

二尺~二尺三寸の袖丈になるセミフォーマルの振袖は、準礼装に含められる「小振袖」になります。約76~87cmの長さですから、観劇などのお出かけや、訪問着や付け下げと同じように着用することが可能です。

絵羽づけの絵柄もありますが、小紋や無地などで仕上げられているものも多くあります。袴に合わせることも増えてきたのが、この「小振袖」で、カジュアルな着こなしもできるタイプの振袖です。

振袖の柄の種類「古典柄・新古典柄・モダン柄」を解説

成人式で着る振袖の柄は「古典柄」「新古典柄」「モダン柄」の3種類があります。振袖の絵柄として選ばれるものは、慶事などの華やかな場所や、特別な祝いのために描かれるものが多いことも特徴です。

古典柄

古典柄とは、文字通り古来から伝統を受け継いできた格式高い柄のことを指します。花や鳥、扇などをあしらった模様が多く、着物全体に柄が入っているため、華やかで晴れ着に相応しいです。また伝統的な柄のため、流行に左右されず長く愛用できるのも特徴です。

新古典柄

新古典柄は、着物全体に柄が入っている古典柄と違い、袖や裾など部分的に柄が配置されています。柄のベースは古典柄ですが、華やかな印象の古典柄に比べて、シックで落ち着いた印象を与えるので、大人の雰囲気を出したい女性に最適です。

モダン柄

古典柄や新古典柄とは対照的に、そのとき流行している柄を使用するのがモダン柄です。柄のモチーフは、洋花や薔薇、蝶、ハートなどがあり、選ぶ色彩によって可愛らしさや華やかさなど、様々な印象を与えます。

自分好みの柄と色彩が選べるので、古典的な柄に地味さを感じる女性や成人式で個性を出したい女性によいでしょう。

着物の染め技法|代表的な3種類を解説

友禅

江戸時代に発祥した友禅は、着物の中で最も代表的な染め技法。京都で生まれた友禅は「京友禅」と呼ばれ、古典的な模様や色彩が優雅な雰囲気を醸しだす染め技法です。また、その染め技法は極めて難しく、繊細であり、質が高いことでも知られています。

京友禅の他に、動物や植物をモチーフにした柄が特徴的な「加賀友禅」、京友禅の染め技法を用いて江戸らしい粋な柄に染めて、渋めな印象を与える「東京友禅(江戸友禅)」などがあります。

辻が花

室町から桃山時代末期の期間に現われた絞り染め技法の一種。高度な絞りの上に手描きの絵柄が相まって生まれる優美な印象が纏う人を一層美しく引き立てます。染めに高度な技術を要する手間のかかる辻が花は、友禅の普及によってその技法が途絶えてしまい「幻の技法」とも称されます。

ですが、現在では復元されており、刺繍や金箔などで装飾の施された現代的な染め技法として人気を集めています。

総絞り

総絞りも古くからある染め技法の一つで、絞り方によって「本鹿の子」「京極絞り」「疋田絞り」など、いくつかの種類があります。布を糸で括ったり、器具を挟んで防染し染色していく独特の技法で、一つひとつ丁寧に糸で括るため手間と時間がかかるので、大変品質が高いです。

また、そこに刺繍を加えることで、いっそう重量感と華やかさが増し、伝統美を象徴する着物になります。

成人式に着る「振袖」は?購入するときのポイント

成人式に向けて振袖の購入を考えている場合は、振袖の「格」が高い大振袖がおすすめです。もし、振袖を購入するなら、ご自分にとっての特別な日やパーティーなどのお呼ばれ、お時間のあるときなど、できる限り袖を通しましょう。購入時よりも愛着のわく振袖になること間違いありません。

もちろん、いろいろな振袖を着てみたいというときは、大振袖をレンタルしてみることもおすすめです。毎年登場する新作は150種類以上。「京都きもの友禅」でレンタルをチェックすると、着用ごとに色や雰囲気を変えた振袖も選べるかもしれません。

袖丈を詰めるタイミングVS振袖のまま使う方法

保管方法をしっかりマスターしてしまえば、着用も身近になり、頻繁に着ることもできるようになります。一般に振袖の着用機会は、成人式とその後数回。結婚後は袖を切り詰めて短くし、付け下げや訪問着のように着用するとされてきました。

しかし、一度切ってしまうと長くできないのが袖丈。そのため、袖を短くしてご自分だけで着用するよりも、振袖として長く大切に着る方法も検討されてきました。

高価な振袖だからこそ、「振袖としての役目が終わった後は、袖を仕立て直して長く大切に着る」もしくは「振袖のまま娘や孫の代でも大切に着てもらう」。どちらのタイプで、お気に入りの振袖を楽しみますか。

高価な振袖だからこそ、着用機会はたくさんある!

特におすすめは、「ママ振袖」とも呼ばれる、親子で同じ振袖を着用する方法。次の世代までつながる着用方法ともいえます。振袖の絵柄は、20年~30年経ってもモダンに見え、レトロな魅力を見せてくれます。袖を切って短くしなければ、お嬢様と一緒に楽しめる振袖にもなります。その点は和装ならではの価値ある特徴ともいえますね。

まとめ

振袖の種類選びは、TPOに合わせて

気に入った振袖には、特別の愛着がわくものです。振袖にも種類がありますが、成人式から着用する計画を立てるなら、TPOを考えて「中振袖」がおすすめ。身長や体型なども含め、価格や絵柄だけではない、魅力的な着こなしを目指した振袖選びをしましょう。

「京都きもの友禅」では、『振袖My Size』という身長や体形に合わせた振袖選びのお手伝いも実施しています。毎年発表される新作も含めて、数ある振袖の中からぴったりのものを、アドバイザーと一緒にチェックすることができます。振袖も76cmほどの袖丈のものから、126cmまである振袖と種類が豊富にあります。

たとえば、成人式で着用することが一般的な振袖も、背の高い方にとっては袖が短く感じることもあるでしょう。対照的に、小柄な方は126cmの袖丈の振袖を着用してしまうと、袖を引きずってしまうことになりかねません。振袖の種類の中から、袖丈と身長のバランスも考えて選ぶことも、おしゃれな着こなしには必要です。

長く、長く、大切に着用できる振袖が見つかりますように。
京都きもの友禅を見てみる

TOP