成人式の振袖準備ガイド

着崩れしないきれいな着こなし!体型に合うサイズの振袖を選ぶ方法

成人式や卒業式、結婚式やパーティーなど、華やかな振袖を着用して出席したい場所があります。振袖はきれいなまま保管できても、数年経つと体型には変化が現れることも。

振袖にはどんなサイズがあるのか、サイズのお直しはできるのか、サイズが変わっても上手に着こなす方法など、大切な振袖をきれいに着こなす方法を紹介します。

どこを基準にチェックしたらよい?振袖のサイズ

着物は、振袖、訪問着、浴衣、男性用着物、子ども用着物など、大きさは違っても形に違いはほとんどないものです。前身頃と後身頃に、共衿や地衿、衿下が付き、両袖が付いた形が和服の一般的な形状です。

日本人女性の場合、身長は小柄な方で150cmくらい、背の高めの方で165cmくらいとされています。約15cmの身長差がありますから、同じ着物では長すぎたり、短かったりすることもあるでしょう。

和服は、身体に合わせて仕立てるものもあれば、反物の幅でそのまま縫ってしまうものもあります。いずれの場合でも、身丈・袖丈・裄・肩幅・袖幅・前幅や後幅など、それぞれの部位で若干の違いや、数cmの違いが発生することがあります。この違いが、着物つまり振袖のサイズ違いということになります。

では、身体に合わせたサイズはどこでチェックしたらよいでしょうか。

振袖のサイズのポイントになる部位はどこ?

身長に関係があるのは「身丈」

振袖の身丈とは、仕立て上がりの着物の長さで、背中の中心の衿から裾までの長さを意味します。つまり、着物の一番長い部分になります。女性が着用する着物の場合は、着付けたときに長く感じる分を、腰部でたくしあげたところが「おはしょり」になります。このため、「おはしょり」の分を含めて身長=身丈が一般的です。

振袖は、女性の平均的な身長に合わせて150~165cmのサイズの身丈のものが多くあります。

腕の長さは「裄」と「袖幅」

裄と袖幅は、腕の長さによって変わります。肩幅の中心で、衿の後中心になる位置から袖口までが裄ですが、袖幅が同じでも、前身頃や後身頃によってサイズに違いが生じます。63~70cmが裄丈の標準です。

袖の長さが最適かをチェックするには、それぞれの袖に両腕を通した状態で、両腕を斜め45度くらいに下ろしたときに手首のくるぶしが隠れるくらいを目安にしましょう。

グラマーサイズの方は「身幅」をチェック

標準的な体型でも胸のサイズが少し大きめ、または全体的にふくよかな体型という場合もあります。この場合は、身幅つまり前幅と後幅で調整しましょう。前幅は22~24cm、後幅は28~30cmが標準の仕立て。幅が長めのものを選ぶと、少しゆとりのある着付が可能です。

身体に合わない部分は、着付でもフォローできる!

特別な日の装いであれば、振袖に勝るものはありません。少し太ってしまったと感じるときや、二十歳のころより痩せているということもあります。また、借りた振袖で成人式に出席するときなど、サイズが合わないと、着付けた後の着心地が気になることもあるでしょう。

でも、振袖サイズが大きければ、身体に合わない部分は、ほとんどの場合、着付でも調整することができます。

振袖にはサイズがあるの?体型に合わせた振袖選びのポイント

振袖を仕立てる場合は、既存のサイズはなく、ご本人の身体のサイズが基準となりますが、レンタルの場合、身長や体形に合わせた基準サイズが設定されている場合もあります。

・Aサイズ_身長165cm前後 スリムで背が高め
・Bサイズ_身長150cm前後 スリムで小柄な方
・Cサイズ_身長158cm前後 標準体型
・Dサイズ_身長165cm前後 背が高めでふくよかな方
・Eサイズ_身長152cm前後 小柄でふくよかな方
・TLサイズ_身長173cm前後 身長の高い方

身長が高くても低くても、スリムでもふくよかでも、着物はある程度調節をしながら着用することのできる装いですが、短すぎたり長すぎたりすれば、着付けでの調節が難しい場合も。ご自分の身長や体形を正確に知り、そのサイズに合わせた振袖選びをするのは、着崩れない着付や着こなしのポイントとなります。

「小柄な方」に合う振袖の色や選びかた

振袖専門店のアドバイザーおすすめの、小柄な方に合う振袖の王道は、「小さめの絵柄」。大きめの花などは、視線を止めることになりやすいといわれます。そこで、上から下まで、つまりヘアスタイルから振袖の裾のラインまでの、縦のラインに視線がいき一体感のある斜めの柄付けなどもおすすめです。

色は、ワンポイントになりやすい濃い目の色より、淡いピンクや水色などが存在感を大きく見せます。

背が高い人にはこれがおすすめの振袖

縦に視線を送らないことは、身長の高さをカバーするための振袖選びのポイント。そこで、少し派手かなと思えるくらいの「華やかさ」で、縦のラインよりも広さをポイントとするような着こなしがおすすめです。

華やかさを感じさせるためには、モダンな柄やかわいい大きめの柄が配された、濃い地色の振袖から選びましょう。やはり、赤やワインレッド系の濃い色はおすすめです。

グラマーサイズの女性には「組み合わせ」の振袖がおすすめ

ふくよかな人の中でもグラマーサイズな方は、振袖を敬遠してしまうこともあります。帯に胸が乗ってしまうことで、すっきり感を出せないと感じることが理由のようです。

和装用のブラジャーを着けたり、薄手のタオルでアンダーバストやウエストに厚みを持たせて調整しながら腰ひもを締める着付の方法で、ある程度クリアできます。そして、振袖はできるだけモノトーンやダークカラーのモダン柄おすすめです。帯も単色系のほうが、引き締まって見えます。

お気に入りの振袖を大切に着る方法【お直し編】

成人式に合わせてお気に入りの振袖を購入したなら、ぜひ長く振袖を楽しみましょう。振袖を含めた和装は、仕立てる際に縫い代を多めにとることで、後で2~3cm伸ばすことが可能になっています。思い出深い振袖は、お仕立て直しや部分的なお直しでさらに大切に着ることができます。

気になる体型に合わせて直すことができる

ウエストサイズや、バストサイズが変わったときに直したいのは、身幅です。一般的な仕立ての場合は1.5~2cmほど引き出せるので、合わせて3~4cm伸ばせることになります。

また、着用したいお着物が長いときは、おはしょりで調整できますが、振袖が短い場合は着丈を伸ばす調整を行いましょう。縫込みを出して裾や肩で調整します。譲っていただいた振袖や、ママ振袖などをお直しする場合におすすめの方法です。

振袖をお仕立て直し&お直しする予算

振袖のお仕立て直しは、一番時間がかかると予想されますが、予定日数は専門店にもよります。目安は3週間から1か月、予算は約3万5000円~6万円程度です。身幅や身丈は、お直し期間が約10日~2週間必要ですが、費用は約1万5000円~2万円が相場です。

振袖や和服の扱いになれている方は、普段着用するお着物であれば、ご自分でもお直しが可能かもしれません。しかし、振袖の場合には、柄によってはお直しの仕方で柄がつながらなくなることもあり、着物の生地を傷めないためにも専門店でのお直しをおすすめします。

「たたみ方やアフターケア」の情報満載!「京都きもの友禅」のWebサイト

成人式で振袖を着用するのに、着物のたたみ方やお手入れ方法がまったくわからないことがあります。「京都きもの友禅」では、着物や振袖のお直しのポイントや、長持ちさせるたたみ方なども紹介しています。

Webサイトをチェックしながら進めてみましょう。また、店舗での試着は、専門スタッフに相談しながら体型に合わせた振袖選びができるので、サイズの合う着物を見つける近道です。 
http://www.kyotokimonoyuzen.co.jp/lesson/index4.html

まとめ

魅力的な振袖や、思い出の詰まった着物は、サイズが合わなくても、お直しして着たいもの。ぜひ、直す前に振袖専門店に相談してみましょう。場合によっては、着付だけの調整できれいに着こなせるので、お直しも不要かもしれません。魅力的な振袖を手入れしながら長く楽しみましょう。
京都きもの友禅を見てみる

TOP