成人式の振袖準備ガイド

  • 振袖には何色がある?人気5色と失敗しない色選びの方法3つ

振袖には何色がある?人気5色と失敗しない色選びの方法3つ

「振袖ってどんな色があるんだろう?」
「人気の振袖って何色なんだろう?」

振袖の色には何種類もあり、実際に選ぶとなると悩んでしまいます。人気の振袖の色や、その色を着こなした時のイメージを知ることで、納得のいく素敵な振袖を探しやすくなります。

ここでは振袖でおすすめな色のそれぞれの印象はもちろん、似合う振袖の選び方まで紹介します。

京都きもの友禅を見てみる

振袖の人気色5つと色の印象を紹介

流行にも左右されますが、主な振袖の人気色は以下の5つです。

  1. ピンク

それぞれについて見てみましょう。

振袖の人気色(1)赤

赤い振袖がどんなものかわからない
赤い振袖は、顔に良く映える色で、誰にでも似合います。晴れの日としての振袖にはピッタリで、華やかさや上品さは他の色には劣りません。

赤と言っても深紅色、朱赤色、赤紫色などさまざまです。同じ赤でも見た目の印象は全然違います。羽織ってみて、どの赤が一番自分に似合うのかを確認することがおすすめです。

赤い振袖の画像一覧はこちらです。
赤い振袖一覧を見てみる

振袖の人気色(2)ピンク

ピンクの振袖がどんなものかわからない
花柄にもよく合うピンクの振袖は、女の子に相応しく可愛らしい印象を与えてくれます。ピンクの色調が薄いものほど、可愛らしさがあり、濃いものほど大人っぽさが出てきます。

膨張色でもあるので、痩せ型の人におすすめです。そして、赤や黒など豪華な帯や小物を身に着けると、メリハリがついてまとまった印象になります。

ピンクの振袖の画像一覧はこちらです。
ピンクの振袖一覧を見てみる

振袖の人気色(3)黒

黒い振袖はどんなものかわからない
黒い振袖は、他のどの色よりも大人らしい印象になります。振袖のどの柄とも相性が良く、柄を引き立たせてくれる色なので、豪華さや高級感が出ます。

黒には引き締め効果があり、きれいなラインを見せる着こなしができることも人気の理由の一つです。

黒い振袖の画像一覧はこちらです。
黒い振袖一覧を見てみる

振袖の人気色(4)紫

紫色の振袖がどんなものかわからない
紫の振袖は、高級感と品があります。薄めの紫なら可愛らしさを持ちつつ大人っぽい印象になります。紫は昔から日本人の肌に似合う色で、羽織ってみると馴染みの良い振袖です。

そして、古典柄だけでなくモダン柄も多く出ている色なので、個性のある着こなしができます。

紫の振袖の画像一覧はこちらです。
紫の振袖一覧を見てみる

振袖の人気色(5)青

青い振袖がどんなものかわからない
青の振袖は爽やかで、引き締まった印象を与え、好感の高い色です。水色のような薄い青なら可愛らしさと若々しさを持ち、紺のような濃い青なら、落ち着いた大人の雰囲気がでます。

青い振袖の画像一覧はこちらです。
青い画像一覧を見てみる

自分に合った振袖の色の選び方|見るべきポイントは3つ

自分に合った振袖の色を選ぶ際、見るべきポイントは以下の3つです。

  • 肌の色
  • 体型
  • 髪色

これらのポイントについてそれぞれ説明していきます。

『肌の色』から探す|自分に合った振袖の色の選び方

色白の肌

色白な人に似合う振袖
色白の方には淡い色やパステルカラー、白などが似合います。振袖全体の色が淡い色か、衿元を薄い色でまとめるようにしてみましょう。

黄色みの強い肌

黄色みの強い肌の人に似合う振袖
黄色みを強く感じる肌の方には、濃い目の黄色(山吹色)や緑、明るめの橙色(オレンジ)などがおすすめです。

色黒の肌

色黒の人に似合う振袖
色黒だったり日焼けしてしまった方には、黒色や紺色、深緑などの落ち着いた色が似合います。これらのシックな色は肌の色が浮かずに、表情を引き立てる効果があります。

『体型』から探す|自分に合った振袖の色の選び方

小柄体型

小柄な方には、ピンク系や暖色の振袖で女性らしくふんわりと優しい印象を持つような色がおすすめです。縦の線が使われていたり、はっきりとした絵柄は控え、絞りが使われているものなどを選ぶとさらに良いでしょう。

高身長

高身長の方には、紺や黒などのダークカラーや、赤など、濃い色がおすすめです。淡い色よりもすっきりした印象で着こなせます。

モノトーンやダークカラーがおすすめです。胸元に絵柄が少なく、モダンな着物がおすすめです。帯は単色で、引き締め効果のある色が似合います。

ぽっちゃり体型

ぽっちゃり体型の方には、黒や紺などのほかに、濃い緑がおすすめです。これらの色は引き締め効果を期待できます。また、柄は斜めに入った振袖を選ぶとすっきりした印象になるのでおすすめです。

『髪の色』から探す|自分に合った振袖の色の選び方

髪の色によっても何色の振袖が似合うのか変わります。このポイントも踏まえて振袖選び、髪色選びをしましょう。

黒やダークブラウンの髪には「どんな色の振袖でも」合わせやすい

黒い髪によく似合うのは白や赤です。ですが比較的、何の色の振袖にも似合います。もし、振袖着用前に染めることがあるなら、ダークブラウンがおすすめです。

アッシュ系カラーの髪には「明るい色の振袖」

少しポップなアッシュ系の髪には、ピンクやライトグリーンなど明るい色と相性が良いです。髪と振袖の統一感のある明るいコーディネートが適切です。

色以外にも、より詳しい振袖の選び方についてはこちらのページに多くの情報が記載されています。参考にしてみてはいかがでしょうか。
振袖の選び方を見てみる

振袖の色選びに不安があれば着物専門店へ

ここまで振袖の色のそれぞれの特徴や選び方を紹介してきました。しかし、実際に振袖を選ぶとなると難しいはず。そんな時頼りになるのが、着物専門店の存在です。

多くの専門店では振袖選びの相談に乗ってくれて、一緒に選んでくれるでしょう。おすすめの着物専門店である京都きもの友禅でも、アドバイザーがお客様のパーソナルカラーに合わせて、アドバイスをしてくれます。

少しでも不安があるなら一度気軽に来店してみてはいかがでしょうか。

まとめ|自分に合った振袖の色を選ぶには

最後に、振袖の色に関しての大切なポイントをおさらいしましょう。

色ごとの振袖のイメージ

  • 赤い振袖:人気、華やかさ、上品さNO.1
  • ピンクの振袖:可愛らしい印象で痩せ形の人におすすめ
  • 黒の振袖:大人らしさ、引き締め効果が抜群
  • 紫の振袖:高級感と品のある、個性的な着こなしができる
  • 青の振袖:爽やかな印象を与え、好感が高い色
●肌の色を基に選ぶ

  • 色白の人には「淡い色やパステルカラー、白」
  • 黄み肌の人には「山吹色や緑、オレンジ」
  • 色黒の人には「紺系や緑系」

●体型を基に選ぶ

  • 小柄体型には「ピンク系や暖色系」
  • 高身長には「ダークカラーや赤などの濃い色」
  • ぽっちゃり体型には「黒や紺、濃い緑」

●髪色を基に選ぶ

  • 黒やダークブラウンの髪には「何色でもOK」
  • アッシュ系の髪には「明るい色」
  • 紫系の髪には「赤」

何よりも店舗で試着してみることが、お気に入りの振袖選びへの近道です。

先ほど紹介した京都きもの友禅では、多彩な色合いの振袖を取り揃えているのであなたにぴったりの振袖が見つかるはずです。振袖についてのより詳しい情報は公式HPに載っているので確認してみましょう。
京都きもの友禅を見てみる

TOP