成人式の振袖準備ガイド

似合う振袖の色を体の特徴から徹底分析!

「自分に似合う振袖が着たい!」

振袖には多様な色や絵柄のものがあり、自分で好きなものを選ぶことができます。しかし専門店に行って試着してみると、自分の好きな色でも思い描いていた振袖姿にならないことがあります。ここでは、体の特徴から似合う色を見つける方法について紹介していきます。専門店へ行く前にこれを見て、自分の着るイメージを持っておきましょう。

自分の好きな色と似合う色の取り入れ方

普段着用する機会が少ない振袖は、じっくり選びたいですよね。「これが良い!」と思える振袖を見つける方法としてとても重要なのは、振袖の中の好きな色とご自身に似合う色を見つけることです。ここでは好きな色と似合う色の取り入れ方について説明します。

好きな色と似合う色の違い

好きな色というのは、きれいだなと思う色や思い入れのある色、「似合うよ」といわれた服の色など、さまざまです。「以前はこの色が好きで、いつも洋服やアイテムに取り入れていた」ということもあります。でも、年齢や成長とともに、好きな色は変わることもありますよね。

対照的に似合う色というのは、時間がたってもあまり変わらないといわれます。それは、肌や髪の色、体型や雰囲気で決まることが多いものだからです。

好きな色と似合う色を両方取り入れる時のポイント

振袖の場合、単色ということはほとんどありませんから、好きな色と似合う色をバランスよく取り入れることも、振袖選びのポイントになります。

振袖選びで好きな色にするか、似合う色にするべきか悩んだときには、まず、大きく広げて、全体の色と柄をいろいろな角度や距離から見てみましょう。着物の生地は、素材が正絹(シルク)でできているので、光沢によって見え方にも幅があります。

その振袖に、いくつかの帯を置いてみましょう。振袖を似合うと薦められた色にして、帯は好きな色やお気に入りの色を取り入れる、という組み合わせもできます。

また、少し時間はかかりますが、似合う色と好きな色を両方取り入れたものを、探してみるのも良いかもしれません。振袖の身頃には似合う色、裾や長い袖の袂には好きな色といった振袖もおすすめです。両方の色を取り入れた振袖であれば、きっとあなたの求める振袖姿になるでしょう。

体の特徴からわかる!自分に合った地色の選び方

振袖の全体に使われている地の色選びは、一番慎重になりますね。ほっそりとスリムに見せたい、できるだけ周りから浮きたくない(目立ちたくない)、友人とかぶりたくない(個性的なものでも良い)、などの希望をはっきりさせておくことも、振袖選びには大切なポイントです。

肌の色から探す|自分に合った振袖の選び方

ピンク系のファンデーションを選ぶことが多い人の場合、肌の色も白。「色白」の方には淡い色やパステルカラー、白などが似合うといわれています。振袖全体の色が淡い色か、衿元を薄い色でまとめるようにしてみましょう。

日本人は黄色人種といわれますが、黄色みを強く感じる肌の場合、ファンデーションはオークル系を使用していることが多いですね。黄色みを強く感じる肌の方には、濃い目の黄色(山吹色)や黄緑、明るめの橙色(オレンジ)などがおすすめです。

夏にこんがりと日焼けしてしまった、どちらかというと色黒という方には、紺系のシックな色、落ち着いた緑系。どちらの色でも肌の色が浮かずに、表情を引き立てる効果があります。

体型から探す|自分に合った振袖の選び方

やせ型の方には、ピンク系や暖色の振袖で女性らしくふんわりと優しい印象を持つような色がおすすめです。縦の線が使われていたり、はっきりとした絵柄は控え、絞りが使われているものなどを選ぶとさらに良いでしょう。

それに対してグラマーサイズやぽっちゃり型の方には、モノトーンやダークカラーがおすすめです。胸元に絵柄が少なく、モダンな着物。帯も単色で、引き締め効果のある色が似合います。白っぽく見える絵柄なら、控えめで大人っぽく見えるものがおすすめです。

髪の色から探す|自分に合った振袖の選び方

一昔前までは、和装には「黒髪」が定番でした。でも、今は髪の毛をヘアカラーなどで染めることも多いので、簡単に髪色を変えることができます。また、髪の色は、振袖の着用時の後ろ姿に関係するので、しっかりと髪の色と合っているか確認しましょう。

黒やダークブラウンの髪には「どんな色の振袖でも」合わせやすい

黒い髪には、白や赤の振袖はよく似合いますが、比較的どんな振袖の色にも合わせやすいのは、ダークブラウンの髪色。もし、振袖着用前に染めることがあるなら、ダークブラウンはおすすめです。

アッシュ系カラーの髪には「明るい色の振袖」

少しポップなアッシュ系の髪には、ピンクやライトグリーンなどの明るい色が相性が良いようです。髪も振袖も統一して明るくコーディネートする、という感じですね。

紫系のカラーには「赤の振袖」

マホガニーや紫系のヘアカラーを使用しているなら、モノトーンの振袖やオーソドックスな赤がベター。髪の色に特徴があるので、振袖がマルチカラーにならないよう注意することがおすすめです。

パーソナルカラーはあなたに最も合った色

振袖専門店のアドバイザーによっては、「パーソナルカラー」から、似合う色を見つけるお手伝いもしてくれます。パーソナルカラーは、上記で取り上げた肌の色だけではなく、髪や瞳の色、唇などまで細かく分析することもできます。合わせてみたら、人気の色だけでなく、個性的な色がとてもよく似合ったということもあります。

振袖は着用しているだけで注目度が高くなるので、似合う色を見つけて、上手な着こなしを目指すのは大切なことです。色が合わないという印象が強いと、周囲から浮いてしまったり、目立ってしまったりすることもあります。

個性的だなと感じても、似合う色の着物は、とてもおしゃれに美しく見えます。そんなすてきな着こなしを目指しましょう。

迷ったら「京都きもの友禅」で似合う色の振袖をチェック!

それではここで自分に似合う振袖の色の選び方についてまとめてみましょう。

  • 自分の似合う色は自分自身の肌や髪の色、体型や雰囲気で決まる
  • 肌で考える色
  • ・色白肌なら「淡い色・パステルカラー・白色」
    ・黄色み肌なら「山吹色・黄緑・明るめの橙色」
    ・色黒肌なら「紺系や緑系の色」

  • 体型から考える色
  • ・やせ型なら「ピンク系や暖色」
    ・ぽっちゃり型なら「モノトーンやダークカラー」

  • 髪の毛で考える色
  • ・黒やダークブラウンの髪なら「どんな色でも似合う」
    ・アッシュ系カラーの髪なら「明るい色」
    ・紫系のカラーの髪なら「赤色」

  • パーソナルカラーはあなたに最も似合う色

上記のまとめを参考に数多くの振袖を試着してみましょう。しかし、美しい着物の着こなしには「好きな色」と「似合う色」のどちらも大切です。薦められた色の振袖よりも「少し」濃い色や薄い色、その色を絵柄に取り入れている振袖など、試着しながら自分を最もよく魅せてくれる色を見つけましょう。

さまざまな色の振袖の試着は、自分らしさやセンスアップにもつながるので、すてきな着こなしのためのおすすめの方法です。「これが良い」と思える振袖をぜひ見つけてください。

また、振袖専門店なら、振袖の美しい着こなしのための色選びをサポートしてくれます。その中でも「京都きもの友禅」は、多彩な色合いの振袖を豊富に取り揃えているだけでなく、各店舗にいるアドバイザーがお客様一人ひとりのパーソナルカラーから似合う色を見つけ、それに好きな色を組み合わせて的確なアドバイスをしてくれるので、必ずあなたに合った色の振袖を見つけることができます。

ぜひ、相談して意見を聞いてみましょう。

京都きもの友禅を見てみる

TOP