成人式の振袖準備ガイド

どんな振袖が人気なの?定番や新作の色や柄をまとめてみた|最新版

「定番の振袖って何だろう?」
「振袖の人気色って何色?」

振袖を購入する時でもレンタルする時でも、選ぶ前にまず気になるのは「どんな振袖が人気なのか」ではないでしょうか?

そこで今回は、振袖の色と柄、振袖選びには欠かせない着物専門店のアドバイザーを紹介します。

人気の振袖を見てみる

人気の振袖は赤!専門店で探そう

さまざまなメディアの振袖紹介を見ていると、種類がとても多いので、どんな色に人気が集まっているのか、まず知りたいですよね。ここでは人気のある振袖と振袖をチェックする場所を紹介していきます。

人気のある振袖は赤系の振袖

2016年の振袖人気第1位は、定番ともいえる「赤に古典柄」などの友禅でした。第2位は「黒で大き目の紅白椿」などのモダン柄です。またピンク、緑、紺や紫などの明るい色も人気がありました。

2017年の第1位は、「赤の古典柄に黒や紺のグラデーション」などの友禅です。第2位は、ピンク、黒のモダン柄で、やはり前年同様人気があります。

やはりどの年も1位に赤が入りますが、2018年の人気の予想は、「深緑に古典柄」「白に桜柄」や「黒や紺などのダーク系の色」の振袖です。

ダーク系の色が人気の色として定着しつつありますが、やはり赤系の振袖は、根強い人気の定番色となります。黒や白などの色、またモダン柄はここ数年、人気急上昇のお色ですね。

どこで人気の振袖をチェックする?

振袖は、絵柄や小物が加わるので、実際試着したり、合わせてみたりすると、洋服とまったく違ったということが多いといわれます。

人気の振袖をチェックするには、振袖専門店で種類を確認してみましょう。「京都きもの友禅」の場合は、高品質な振袖を、豊富な種類から選べるというメリットがあります。色を選ぶ場合に、赤、青、黄・オレンジ、白・ピンク、茶・黒・紫とそれぞれの色の中から、人気のものを選べます。

まずは、Webサイトからチェックしてみましょう。
http://www.kyotokimonoyuzen.co.jp/item/

振袖で人気の色は?自分に合う色を見つけよう!

振袖を選ぶ際に、多くの人は色をどうしようかで悩むことが多いのではないでしょうか。せっかく振袖を着るなら自分に合うものを着たいですよね。

ここでは振袖の人気の色、そして色ごとに与える印象を紹介していきます。

赤
先ほども紹介した通り、赤は不動の人気色です。赤という色は、女性らしい印象を与えてくれ日本人の肌の色を際立たせてくれます。

また赤は深みのあるもの、鮮やかなもの、というように選ぶ色により雰囲気を大きく変えることができます。
赤と組み合わせると良い色として、金や白、黒などがあります。これらの色は組み合わせ方によって、与える印象も異なるので自分のなりたい印象で選ぶのがおすすめです。

赤の振袖について詳しく知りたい方はこちらから

赤振袖の魅力&着こなしのポイント


黒は近年人気のある色として、振袖の色としてよく選ばれます。黒は大人っぽい印象を引き出してくれ、上品な雰囲気も与えてくれます
また柄のデザインをきれいに見せてくれる効果もあります。

黒は引き締めカラーとしても知られており、体のラインをきれいに見せてくれます。引き締まった姿に見せたい方にはおすすめの色です。
黒にも相性の良い色や髪色があるので、詳しく知りたい方は以下のページから見ることができます。

黒の振袖について詳しく知りたい方はこちらから
黒い振袖の種類とおすすめの髪型やメイク

ピンク

furisode lady
ピンクは女性らしい、柔らかい印象を与えてくれます
しかしその一方、大人っぽさには欠けてしまうので、髪型や帯を考えてコーディネートするといいでしょう。

またピンクは膨張色でもあるので体型が大きく見えてしまうことがあります。身長の低い方や華奢な体つきの方におすすめです。

ピンクの振袖について詳しく知りたい方は
ピンクの振袖の柄やコーディネート方法


紫は上品な印象を与えてくれます。しかし着る人によってはおとなしすぎる印象も与えかねないので色の組み合わせ方には注意が必要です。
紫にあう色や、ヘアメイクは以下のページから見ることができるので参考にしてみてください。

紫の振袖について知りたい方はこちらから
紫の振袖の着こなしポイント


白は清楚な印象を与えることができます。また肌も明るくきれいに見せてくれるのでおすすめです。

また組み合わせる色によってフレッシュな印象、上品な印象というように変えることができるので自分のなりたい印象で選ぶといいでしょう。白に合う詳しい色の組み合わせ方や髪型、メイクは以下のページから見ることができるので参考にしてみてください。

白の振袖について詳しく知りたい方はこちら

白の振袖の魅力とデザインについて

振袖の柄で人気なのは蝶や櫻・菊


振袖の柄には古典柄、新古典柄、モダン柄があります。それぞれには優雅な雰囲気を与えるなどの特徴がありますが、ここでは図柄を紹介します。

生き物で人気なものとして

蝶、鶴、クジャク

などがあります。
蝶は女性の美しさを表すもの、鶴は幸せを運ぶもの、そしてクジャクはおめでたいものとして振袖の柄に選ばれます。

また花柄で人気なものとして

桜や菊、バラ、藤の花、ボタン

などがあります。
桜は新しい門出、菊は花柄の中で位の高いものといったようにしっかりと意味が込められています。

図柄は振袖の色との組み合わせ方によっては大人な印象を引き出したり、清楚な印象を引き出したりします。振袖の印象を大きく左右するものなので、じっくりと選んでみてはいかがでしょうか。
これらの柄の詳しい意味や自分に合った図柄の選び方は以下のページにあるので参考にしてください。

振袖の柄にはどんな種類があるの?それぞれの柄の魅力や意味を紹介

振袖に合う髪型は?髪の長さ別に紹介!

ロング編

ロングヘアで人気なのはアップスタイルです。まとめる位置によって印象を変えることができます。

また髪が長いと全体的にゆるく巻いたり、きっちりスタイルにしたり、編み込みをしたりとアレンジの幅が広がります。前髪も後ろに流したりすると雰囲気が変わります。

ミディアム編

ミディアムヘアはアップスタイルにすることもできますが、ハーフアップもおすすめです。ハーフアップに編み込みをするスタイルも人気で、髪飾りをつければ華やかさもアップします。

ショート編

ショートヘアはロングヘア、ミディアムヘアに比べるとアレンジの幅が狭くなりますが可愛く仕上げることができます。サイドの髪の毛を耳にかけたり、前髪を編み込むなどしてアレンジを加えれば普段とは違う雰囲気になることができます。大きめの髪飾りをつけて振袖とバランスをとるのもおすすめです。

振袖選びは専門店のアドバイザーに相談しよう

これから振袖の専門店を見つけようと思っているなら、振袖選びのための「アドバイザー」がいる専門店がおすすめです。数ある振袖の中から、人気の振袖や、数ある振袖を比較して、ご自身に合ったものをチョイスしてくれます。

着用したい振袖のイメージを伝えよう

着用したい振袖のイメージは決まっていますか。専門店ならDMの写真やカタログや紹介の記事をアドバイザーに伝えたりするだけで、ぴったりの振袖を探してくれます

イメージが決まっていない場合は、肌や髪の色を参考にパーソナルカラーから似合う色をチェックしてもらい、どんな絵柄やデザインがあるのか実際に見せてもらえます。その振袖を見たり羽織ったりしながら、似合うものやこだわりのものを決めていきましょう。

「京都きもの友禅」のおすすめは、着る人が「これが良い!」と思える振袖

着用したい振袖のイメージが湧かないときは、アドバイザーがさまざまな色・絵柄の振袖を試着させてくれます。「これで良い」ではなく「これが良い」と思う振袖が見つかるまで試してみましょう。

こだわりの振袖がいくつか見つかると、その中から似合う振袖か、好きな色や柄の振袖かを迷うことがあります。着物に慣れた方のアドバイスは、多くの場合「似合う色を振袖に、好きな色をアクセントに」といったものです。

自分に合った、気に入った振袖を着ていくことがおすすめです。

人気の振袖を選ぶなら、色や柄、デザインなど注目の振袖から

早めの予約で、まだ振袖のイメージが湧かないということもあります。とくにカタログや写真を見ただけでは、普段着用しない振袖を正確にイメージすることは難しいでしょう。

そこで、イメージをつけるためにも、振袖専門店に行ってみることはおすすめです。

アドバイザーに、人気の振袖や注目の振袖など、おすすめの振袖を出していただき、実際の色や絵柄、生地の質感や光の下での見映えを確認していきましょう。その中から、お気に入りの一着を見つけられるかもしれません。

【まとめ】振袖は自分に似合うものを着よう

人気の振袖についてお話してきました。大切なポイントは以下の3つです。

  • 「赤に古典柄」は毎年人気の振袖
  • 振袖の柄で人気なのは蝶や鶴、くじゃくや櫻、菊
  • 髪型はどの長さでもアレンジ可能
  • 好きな柄や色に迷った時は、似合う色を振袖に、好きな色をアクセントに!

人気のポイントがわかってもイメージが付きにくいと思います。そんな時は一度着物専門店で、実際に振袖を見てみたり、試着してみたりするのが一番です。

京都きもの友禅では豊富な振袖を見学出来るうえに、アドバイザーが人気の振袖からイメージに合うものを紹介してくれます。まずは一度、気軽に京都きもの友禅に行かれてみるのはいかがでしょうか。

人気の振袖を見てみる

TOP