成人式の振袖準備ガイド

  • いつかは着たい「総絞り」の振袖!~最高級の装いで成人式はいかが~

いつかは着たい「総絞り」の振袖!~最高級の装いで成人式はいかが~

「振袖の総絞りってどんな着物なの?」
「成人式に総絞りの振袖を着ても平気かな?」

振袖の種類の中で総絞りというものがありますが、詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。総絞りはとても高級な着物で、色やデザインも多い着物として知られています。また、着用するにあたり注意点やコツを知ることが必要です。

この記事ではそんな総絞りの歴史や格、華やかな模様、注意点をまとめて紹介します。

和装好きには魅力的!超高級品&高品質な「総絞り」の特徴は?

昔、総絞りは贅沢な着物のひとつとされ、庶民は着用禁止とまで命令された江戸時代。染め付けの高い技術とともに、作り出された着物の生地です。和装が好きな方や、総絞りの着物がご自宅にある場合は、とてもすばらしい技法で作られたことをご存知でしょう。

そんなに素晴らしい着物なら、ぜひ成人式にも着用してみたい!と思われる方もいらっしゃいます。どのように仕上げられてきた高級品なのか?高品質の振袖の格とは?など、 総絞りの魅力を紹介します。

総絞りができるまで。高級なのは手間のかかった作り方

総絞りの技法、つまり作り方は、ほとんどが手作業で仕上げられていきます。普通の袖丈の着物は、1枚を仕立てるのに12~13m、振袖では18mほど必要で、総絞りの場合も同じです。その反物に、糸で1つずつ何万個も絞りを作り、染めていきます。

1枚の振袖を仕立てるまでに、1年から2年ほどかかる手間のかかった作り方が特徴です。ですから、30万円~80万円で購入できる絞りを一部使用した振袖から、総絞りで240万円~数百万円になるものまであります。職人技で絞りの模様を一つひとつ仕上げた価格といえるかもしれません。

総絞りの振袖を着てみたい!注意点は?

振袖だけでなく、帯揚げや小物にも使われている総絞り仕立ては、絞りが伸びないように注意することが大切。着用前のシワをとるためにアイロンを当てることもありますが、絞りが伸びて絞り特有の風合いが失われてしまうことがあります。

また京友禅など正絹の着物は、水分を吸収すると縮んでしまうこともあります。総絞りや一部絞りが使われている振袖も、アイロン前の霧や、スチームが当たらないように注意しながらお手入れしましょう。

総絞りにも黒・赤・ピンク・オレンジ・白……色も柄も種類もさまざま

女性の帯揚げや、男性用の帯でよく見る総絞り。はじめてご覧になる方は、絞った部分が白、染めた部分が色付きで2色ぐらいだと思っていたという方もいらっしゃいます。ところが、さまざまなデザインや色彩豊かな絵柄など、魅力的なものがたくさんあります。

絞りの手法もさまざま!デザインにも幅のある最高級の振袖

友禅などとは異なる風合いや魅力は、ぜひ一度は着ていただきたい!と思える着物のひとつです。振袖専門店でも、おすすめの「絞り」の振袖などを見つけることもできます。

絞りには、「本鹿の子」や「京極絞り」、「疋田絞り」など、手法や絞りの大きさ、特徴によって種類があります。こうした絞りの種類に加えて、大人かわいい着こなしのコーディネートになる、これが「総絞り」の特徴なのです。

人気のあるデザイン「手描き辻が花」は、絞り染めを中心に手描きの彩色と箔加工などで仕立てられた魅力的な振袖。大人の女性の美しさを引き立てる深みある色と、絵柄やデザインが最高の逸品です。

大人かわいらしい桜の色の、上品で華やかに仕立てられた総絞りの振袖があります。色彩豊かなだけでなく、総手絞りと帯との組み合わせも絶妙な着こなしが、すてきな女性を演出させる手伝いをしてくれます。

「京都きもの友禅」で試してみたい総絞りの振袖

種類が多く高級感のある総絞りの振袖を着たいときは、専門店で試着してみることがおすすめです。画像だけでは総絞りの風合いは、なかなか伝わってこないこともあります。「京都きもの友禅」の総絞りの振袖にも、単色系の絞りだけでなく多色の絞りなど、豊富な種類が揃っています。ぜひ店舗で試着し、総絞りの魅力や風合いに触れてみてくださいね。

親も喜ぶ高級着物「総絞り」の格と着こなしは?

高級感があり、高品質な総絞りの振袖に出会うと、不思議と着用してみたくなるものです。とても高品質で高級感があるのに、着物の格の中では、総絞りの振袖は「準礼装」にあたります。

成人式は特別な日ですし、正式な式典ですから、総絞りの振袖を着用できるのか、着ることができるならどんなコーディネートがあるのか、説明いたします。

総絞りの「格」が気になる!成人式にもOK?

お母様が総絞りの振袖が好き、総絞りの振袖を持っておられるという場合は、ぜひ着用なさってくださいね。総絞りの格は、準礼装にあたりますが、成人式などの正式な場所でも着用することができます。

高級感と高品質とを兼ね揃えた総絞りが、準礼装だなんてはじめて聞いたときは驚かれた方も多いのでは?これは、「高級だからこそ」の理由があるとされてきました。

まず、絞りの部分には、第一礼装に必要とされる「五つ紋」や「三つ紋」が入れられません。

また、着物には光沢のある生地の人気が高く、刺繍や箔などの使用も生地に高級感を加えます。そのため、生地に光沢感のない総絞りは、格下げされているともいわれていました。

しかし、技術や手間もかかり、高級・高品質な総絞りの振袖は、今の時代全く問題なく成人式に着用できます。袖の長さ(袖丈)を確認し、長襦袢や帯、小物などをしっかりと揃えて出席されてくださいね。とても見ごたえのある着こなしができると思います。

成人式で総絞りを着こなす方法

モノトーン系の黒をベースにした熨斗模様の総絞りに、雲取りや手鞠の金や朱色の帯を合わせてみましょう。絵柄は、吉祥文様になり縁起のよい組み合わせです。帯締めや帯揚げは、オレンジ色や濃い黄色などを使ったアクセントに、シンプルな色や形のバッグを合わせると、シックな着こなしになるでしょう。

鮮やかな赤に御所解(ごしょどき)を描き、菊唐草模様を組み合わせ、道長取りの流れのある絵柄になっている総絞りの振袖。金や金糸を使った帯で華やかさを加えて、帯は蝶文庫結びなどでかわいらしくアレンジしてみると、大人かわいいコーディネートになります。

または、華やかな色彩の辻が花の総絞りに、紺や深緑の帯の組み合わせも小柄な方におすすめです。ピンクや水色などの明るい色の帯揚げを合わせてみると、かわいらしさもプラスされます。帯締めは花結びなどにしてみましょう。

コーディネートや小物との組み合わせに悩んだ場合は、振袖や着物のアドバイザーのいる店舗に行ってみましょう。色だけでなく、絞りの持つ独特の雰囲気が、かわいらしさやカッコよさを演出できる着こなしを手伝ってくれます。

まとめ

振袖の総絞りについてお話してきました。以下の5つが重要なポイントです。

  • 総絞りの振袖は準礼装。成人式の着用OK
  • 掃除彫りの代表的な3種類は「本鹿の子」、「京極絞り」、「疋田絞り」
  • 色やデザインも豊富
  • 大人な着こなしには黒ベースの絞りの振袖に金色の帯を蝶文庫結びに!
  • 華やかな着こなしには辻が花などの総絞りに紺や深緑色の帯を花結びに!

成人式におすすめの総絞り。この他にも豪華な着こなしは多くあります。また、画像で見るよりも試着してみることで総絞りの風合いがさらに感じられます。

京都きもの友禅では様々な種類の総絞りを揃えており、アドバイザーから詳しく情報を聞くことができます。一度京都きもの友禅へ行かれてみてはいかがですか?

京都きもの友禅を見てみる

TOP