成人式の振袖準備ガイド

  • 総絞りの振袖とは?格式高い総絞りの振袖の魅力や相場など全てを解説

総絞りの振袖とは?格式高い総絞りの振袖の魅力や相場など全てを解説

「総絞りの振袖って何?」
「総絞りの振袖にはどんなものがあるの?」

振袖や着物の染め技法の種類には様々なものがありますが、その一つに総絞りというものがあります。

総絞りの振袖はとても価値が高く、色やデザインも多い振袖として知られています。

この記事では、そんな総絞りの振袖の種類を紹介し、着用シーン、料金に加えて、総絞りの振袖を購入・レンタルするのにオススメなお店をまとめて説明します。
総絞りの振袖を見てみる

総絞りの振袖ってどんな振袖?

「総絞り」の振袖とは布地全体を「絞り染め」という技法で染め上げた振袖のことです。

絞り染めとは、布地を糸で括ったり器具で挟んだりして染める日本の伝統的な技法です。

糸をほどくと立体的な模様が現れるので、ボリュームがあるのが特徴です。

反物に糸で1つずつ何万個も絞りを作り、染めていくことを手作業で行うと完成までに数か月から1年、あるいはそれ以上かかると言われています。

染め付けの高い技術とともに、手間をかけられて作り出された品であるため、絞りの振袖はとても高級品であり且つ高品質だとされているんです。

総絞りの振袖にはどんなものがあるの?

総絞りの振袖には様々な技法、色の品があり、魅力的なものが沢山あります

絞りには「鹿の子絞り」や「京極絞り」などの手法があり、それぞれの技法が様々な柄を生み出します。

また、総絞りの振袖は単色のものが多くて地味なイメージがある方もいらっしゃるかと思いますが、本当は様々な色の入った華やかな振袖があるんです。

総絞りの振袖はどんなシーンで着られるの?格が低いって本当?

総絞りの振袖の格が低いと言われるのには理由があります。

まず、絞りの部分には、第一礼装に必要とされる「五つ紋」や「三つ紋」が入れられないからです。

また、着物には光沢のある生地の人気が高く、刺繍や箔などの使用も生地に高級感を加えます。

一方で生地に光沢感のない総絞りは、格下げされているといわれていました。

このことから、総絞りの格は「準礼装」にあたりますが、実際は正式な場所でも着用することができます。

成人式はもちろんのこと、結婚式や結納にも正装として着ていくことができます。

ただし結婚式の場合、総絞りの小紋でしたら結婚式には不向きですので注意が必要です。

総絞りの振袖の購入・レンタル相場

総絞りの振袖は、1枚の振袖を仕立てるまでに数か月から1年ほどかかる手間のかかった作り方が特徴です。
そのため、普通の振袖に比べて高値で売られています。

購入の場合

総絞りの振袖を単体で購入する場合の相場は100万円~400万円です。

しかし、絞りの技術にも生地にも、染料にも上下があるので値段の幅が非常に広く、数十万円の安価な総絞りの振袖から中には数千万という代物まで様々なものがあります。

また、絞りを一部使用した振袖であれば30万円~80万円で購入できるようです。

一般的な振袖が単体で3~5万円、帯や帯揚げ、帯締めといった小物各種はもちろん、足袋や襦袢、バッグや草履なども一気に揃えたフルセット価格で30~40万円前後が相場です。

このように比べてみると総絞りの振袖がいかに価値の高いものなのかが分かりますね。

レンタルの場合

総絞りの振袖をフルセットでレンタルする場合の相場は、一般的な振袖が20万円前後なのに対して25~40万円弱です。

購入に比べると非常にお手頃な価格で最高級な総絞りの振袖を着ることができます。

ところが、総絞りの振袖のレンタルをしているお店の数は少ないということをご存知ですか?

そのため、成人式や特別な日のために着物レンタル店で借りたいと思っても、絞りの着物は簡単に見つけることができないこともあるので注意が必要です。

総絞りの振袖を探すなら「京都きもの友禅」

それでは、総絞りの振袖のレンタルを行っていて、且つ種類を豊富に取り揃えている着物専門店はどこなのでしょうか。

それは「京都きもの友禅」です。

総絞りの振袖にも、単色系の絞りだけでなく多色の絞りなど、豊富な種類が揃っています。

また、伝統技法を重んじる京都きもの友禅では「手絞り刺繍」や「手絞り金彩」、「手描き辻が花」といった特選技法で作られたデザインの振袖を用意しています。

ぜひ店舗で試着し、総絞りの魅力や風合いに触れてみてくださいね。

絞りの振袖を見てみる

まとめ|総絞りの振袖とは

振袖の総絞りについてお話してきました。以下の5つが重要なポイントです。

  • 総絞りの振袖とは布地全体を「絞り染め」という技法で染め上げた振袖のこと
  • 豊富な技法、デザイン、色がある
  • 準礼装である総絞りの振袖は成人式・結婚式の着用OK
  • 購入相場は100万円~400万円、フルセットのレンタルなら25~40万円弱
  • 総絞りの振袖を探すなら、豊富な種類を用意している「京都きもの友禅」

種類が多く高級感のある総絞りの振袖を着たいときは、専門店で試着してみることがおすすめです。

画像だけでは総絞りの風合いは、なかなか伝わってこないこともあります。試着してみることで総絞りの風合いがさらに感じられますよ。

京都きもの友禅では様々な種類の総絞りの振袖を揃えており、アドバイザーから詳しく情報を聞くことができます。

一度店頭へ行かれてみてはいかがですか?

京都きもの友禅を見てみる

TOP