成人式の振袖準備ガイド

振袖の絵柄に魅せられて!着るなら「上品で落ち着いた絵柄の着物」

振袖に描かれる「古典柄」、「新古典柄」、そして「モダン柄」。それぞれの絵柄に、色彩豊かな上品で落ち着いた絵柄があります。振袖の絵柄を見て、和装の世界に引き込まれたり、上品な振袖で長く楽しんだり。魅力のある上品な振袖の選び方を紹介します。

上品な振袖を演出する魅力的な「色」や「絵柄」は?

振袖の魅力は「色」と「絵柄」にあり、といっても過言ではありません。落ち着いた上品な色合いや華やかな絵柄は、古今問わず最高の魅力を提供してくれます。

上品で落ち着いた振袖のポイント「色」

成人式に「上品なイメージ」や「落ち着いたコーディネート」を希望される方が、たくさんいらっしゃいます。上品な振袖の着こなしには、振袖の色と帯、小物のコーディネートだけではない選び方が必要になります。

「上品な色」や、「落ち着いた色」には、光沢が控えめな色が多くあります。藤色、桜色、水色、クリーム色などは上品さのある色ですが、光沢があると華やかさが強調されるかもしれません。全体的に、帯や小物も含めたコーディネートの光沢が控えめな淡い色は、上品に見えます。

落ち着いた「絵柄」は上品な着こなしのポイント

上品な振袖選びには、お着物の地色と絵柄のバランスがとても重要です。着物全体に絵柄のある古典柄や、裾と袖下部中心に絵柄の入った新古典柄には、上品な着物が多いかもしれません。

上品な振袖や着物の絵柄として人気があるのは、やはり花をモチーフにしたものです。桜を中心に描く「桜文」、紅白の「梅」や「椿」、「牡丹」などが人気です。また吉祥文様である「宝尽くし」や「扇」も福や繁栄を招くとして人気の絵柄です。

上品な振袖や着物が着たい方は、成人式以降も着ることを考えて選ぶ場合もあり、お直しをして着用される方もいます。歳を重ねても大切に着たいというときには、落ち着いた絵柄を選ぶことがポイントです。

上品な着物選びには知っておきたい「着物の格」

上品な着物を着用したいとき、長く着ることも視野に入れているなら、着物の「格」つまり、ドレスコードもチェックしておきましょう。年齢やTPOに合わせて、格づけされた着用ができると、より一層上品さを加えた着こなしができるようになります。

着物にもドレスコード!?着物の「格」づけされた順番

時代によって変化があるものの、女性が着用する着物は、以下の順番で格づけされています。
・第一礼装:黒留袖、本振袖、白無垢、打掛、喪服
・準礼装:色留袖、振袖、訪問着、色無地や江戸小紋の紋付
・外出着:付け下げ、付け下げ小紋、友禅小紋、小紋、紬(訪問着・無地)、絞り、お召、更紗
・街着(普段着):木綿、紬、絣、ウール、デニム、浴衣、黄八丈、銘仙

新成人が着用する振袖で袖が最も長い大振袖は、第一礼装の「本振袖」に含まれます。近年の成人式では、準礼装にあたる中振袖を着ることが一般的となっています。礼装の中でも、「五つ紋」や「三つ紋」など家紋を複数入れることで、格が高くなります(現在では振袖の場合は家紋を省略することが多いようです)。

着物や振袖の絵柄に込められた意味。絵柄にも「格」がある?

振袖や着物に描かれる絵柄には、いろいろな意味や格があります。豊作を願う「桜文」、「熨斗」や「鶴」には延命長寿、華やかさや成功を願う「花車」、平和な世界を願う「鳳凰」。

さらに、慶事礼装用に使われる「紗綾形」、「亀甲」などの吉祥文様など、振袖に描かれる絵柄の数々。振袖に描かれるのは、新成人の将来が豊かになるように願われているものがたくさんあります。

一般的には、縁起がよいとされているのは、円繋ぎの文様や、菱などの有職文様がよく知られており、慶事にも使われます。そして、桜・梅・牡丹などの花や熨斗などの古典柄は、格調高く華やかありながら、上品で幅広い年代の方々から親しまれています。

絵柄の種類や大きさもポイント!上品な振袖を選び「長く」楽しむコツ

「振袖=成人式」というイメージがある振袖も、上品な絵柄を選ぶと、長くおしゃれな着こなしを楽しめます。

上品で落ち着いた色なら成人式後にも着る機会あり!

振袖は、成人式の後でも着る機会はたくさんあります。卒業式に袴と合わせて振袖を着用したり、友人の結婚式や結納で着たり、さまざまなパーティーでも着こなしを楽しめるでしょう。上品で落ち着いた振袖は、新成人を迎えるときから、結婚し、30代、40代になっても袖丈を短く直して着ることができます。

大切にしたい振袖を利用する方法は?

成人式のために購入した振袖を、結婚した後で「ママ振袖」としてお嬢様やお孫さんに着用させてあげる方法があります。母娘二代や三代で同じ振袖を楽しむのは、感慨深いもので、同じポーズの写真を残したり、着付や楽しみ方をアレンジしたりして同じ思い出を共有できます。

振袖は、未婚女性の正装ですが、こだわりの振袖を購入したなら、結婚した後でも袖丈を直して短くし、長く着ることもできます。上品で落ち着いた色や絵柄の振袖は、自分自身が長く着用して大切な着物として楽しむこともできるのです。

まとめ

振袖をレンタルする、または購入するいずれの場合でも、「上品で落ち着いた」振袖はあきずに長く着ることができます。おひとりでずっと着用したり、お嬢様へ引き継いだり、ご自分のスタイルに合わせて楽しみましょう。
京都きもの友禅を見てみる

TOP