成人式の振袖準備ガイド

振袖が好き!何度も着る機会があるなら、購入がおすすめ!

「成人式以外に振袖を着る機会ってあるの?」
「振袖をレンタルするか購入するか、着る機会があるのかで悩む」

振袖を着る代表的な機会といえば成人式。ですが、その後いつ振袖を着られるのか知らない方は多くいます。またこれは、振袖を購入するのかレンタルするのか悩む要因の1つです。

この記事では、卒業式や結婚式、初詣など、成人式以外に振袖を着る様々なシーンを紹介します。そして、振袖は購入かレンタルか、それぞれの長所・短所を解説します。

振袖は成人式の後も着る機会がある?

成人式でしか振袖を着なかった、購入したから何度も着て元が取れた、など、振袖着用の機会については十人十色。成人式を終えても着る機会があるなら、振袖は購入したいという方も多いはずです。実際どのくらい着る機会があるのか、チェックしてみましょう。

振袖が好き!何度も着たいけれど、成人式の後に着る機会がありそう?

振袖は、未婚女性の礼装。公式な場所や集まりに、振袖を着用して出席すれば問題なしといえるほどの正装です。着る機会があるなら、何度でも着用することがおすすめ!とはいえ、和装する機会自体が少なくなっているので、振袖が好きなら着る機会を見つけることからはじめましょう。

学生のうちに迎える成人式の場合、社会に出てからどの程度振袖を着る機会があるかは、わからないかもしれません。何度も着用の機会があることがわかれば、成人式の前の振袖選びが簡単になります。

成人式、卒業式、パーティー、友人の結婚式など

成人式の振袖選びなどで、振袖が好きになってきたなら、「振袖を着る機会」を趣味と考えてみます。趣味のための時間は作るもの。ですから、振袖を着る機会も作りましょう。

成人式の後は、袴と合わせて卒業式、そして初詣、友人の結婚式などがあります。また、パーティーやご自分の結納や結婚式なども、振袖を着る機会です。振袖のまま何度も使うなら、「ママ振袖」としてお子様にも着せたいですね。

振袖は「未婚女性の礼装」。では、既婚の場合は?

未婚女性は振袖を着るのが礼装。戦後は、結婚して間もなくの奥様は、子どもができるまで振袖を着用することもありました。しかし、一般的な振袖の袖の長さは中振袖。その後、少しずつ考え方や習慣が変わってきたので、着物を着用するマナーも変わりました。

皇室の女性の方々は、ご結婚前にはもちろん振袖を着用されます。しかし、結婚後もご懐妊・妊娠するまでは、振袖を着用するのが習慣になっています。「結婚したのに振袖を着ている」とメディアも伝えていたことがありましたが、一般の慣習とは異なります。

既婚の場合は、振袖をお直しに出し、袖を短くして着用することもあります。袖の長さは未婚者と既婚者の区別を示す決まり事として、結婚したら振袖を着ることはNGと考えられていました。

未婚女性の正礼装とされてきた振袖ですが、最近では若い女性の礼装と認識されつつあります。つまり、着る機会がさらに増えたということになります。

着る機会は何度でも!振袖はレンタル、それとも、購入?

振袖を着る機会があるなら、成人式の振袖選びのときに、振袖一式を購入するほうがよいか、レンタルを複数回利用するほうがよいか気になりますよね。こだわりの振袖を持ちたいというときは、もちろん振袖専門店での購入がおすすめです。

しかし、振袖選びで試着を重ねているうちに、着る機会があるなら、いろいろな振袖が着たくなるということもあります。この場合は、ぜひレンタルでお得なプランを探し、色や柄、デザインをさまざまな種類から選んでみましょう。

着る機会があれば購入しても元が取れる

振袖を購入するならば、もちろんピンキリですが、セットで30万円~80万円くらいが購入価格の平均値と考えられるでしょう。帯や草履やバッグなどは、必要な小物はセットになってたり、好きなものを選べるところもあります。着る機会があれば、断然購入がお得です!お気に入りの振袖が常に手元にあって、頻繁に着る機会を見つけやすくなるかもしれません。

1回のレンタル費用の目安が10万円~15万円ぐらいだとすると、3回~6回着用するだけで元が取れるものです。成人式、卒業式、初詣、友人の結婚式、ご自分の結納や結婚式、パーティーなどたくさんの機会に着用することができます。

着る機会ごとに違う振袖が着られる「レンタル」

はじめてのレンタルが成人式のときでも、その後の卒業式で袴を無料で借りられるプランや、その後の振袖着用が半額になるなど、専門店ではさまざまなサービスがあります。リピーターとして、レンタルのために専門店に通うことになれば、振袖や着付などのコーディネートだけでなく、コミュニケーションも楽しくなるかもしれません。

何度も着る機会がある場合に、レンタルを活用する最大のメリットは、いろいろな振袖が着用できることです。一番こだわりのある振袖を成人式に着用し、卒業式では袴に合わせたモダンなものを着用しましょう。その後の結婚式では、専門店のアドバイザーおすすめや新作を着てみるなどのレンタル方法もおすすめです。

成人式・卒業式・結婚式で3回着用するとお得な京都きもの友禅のプラン

何度も着る機会があるなら、品数を揃えている専門店での振袖レンタルを選ぶことがおすすめです。「京都きもの友禅」では、毎年選ばれる150種類以上の振袖の新作が楽しめます。その中から、いくつか気に入ったものを選ぶだけで、成人式・卒業式・結婚式などで着用することが可能となります。

振袖は、レンタルの度に割引が適用されます。また、お得意さんになれるということも、振袖が好きな人には魅力のあるポイントです。

振袖愛好家になろう!「何度も着る機会がある!」

和装が好きな方、振袖が好きになった方の心温まる経験は、着る機会を見つけるヒントになります。購入かレンタルかを決めるのに、よいアドバイスにもなるかもしれません。

2年に1回は振袖レンタルしているお得意さんに!

新成人として、周囲の人に合わせて振袖を着用するくらいの感覚で、専門店のレンタルを一式借りて当日出席するというパターンが多い成人式。ところが、この成人式をきっかけに、着る機会があるごとに、振袖を借りる人も増えました。

成人式のときは両親が出資元なので、両親の意見を取り入れた振袖をレンタル、卒業式は友人とおそろいの振袖と袴のセット、就職して2年目の上司の結婚式でこだわりの1着をレンタル。2年に1回は振袖をリーズナブルな価格でレンタルできている方もいらっしゃいます。

振袖購入でつながる親子三代の「和心」

レンタルにするか購入するか悩んだけれど、「両親からの大切な贈り物」として、プレゼントされた振袖。着物が大好きな母に選んでもらったという総絞りの振袖だからこそ、着る機会を常に見つけている方もいらっしゃいます。

そこで、両親の結婚記念日にこっそりと計画を立てて振袖を着たり、一緒に街着を着て出かけたり。最初に振袖を購入したときから、すでに30年近く。次は、娘が成人式に着るのを心待ちにしているとのことでした。

まとめ

振袖を着る機会についてのおさらいです。

  • 成人式以外に卒業式、初詣、結婚式、パーティー等で振袖を着られる
  • 最近では未婚、既婚問わず若い女性の礼装として認識されている
  • 着る機会があれば振袖は購入がお得!3~6回の着用で元が取れる
  • 振袖をレンタルするメリットは、色々な種類の振袖を着られる事

振袖を着る機会は沢山あります。もしも振袖をレンタルする場合、お得なレンタルプランを提供しているお店が多いので確認が必要です。

中でもおすすめな京都きもの友禅には、3回着用するとお得になるプランがあります。これは、自分の気に入った振袖を好きな時に着用可能で、レンタルする度に割引が適用されます。

大切な振袖選び、ぜひ京都きもの友禅を利用してみてはいかがでしょうか?

京都きもの友禅を見てみる

TOP