成人式の振袖準備ガイド

振袖の選び方のポイントは3つ!帯や髪飾りの組み合わせ方まで紹介

「自分に一番似合う振袖を着て成人式を迎えたい」
「そもそも自分にぴったりの着物ってどうやって見つけたらいいの?」
振袖を選ぶ時のポイントは以下の3つです。

  • 振袖の色
  • 自分の体型
  • 帯、帯締め、髪飾り

振袖には色柄の種類が豊富で迷ってしまいますが、この3点のポイントを意識することで、失敗せずにお気に入りの振袖を見つけられるでしょう。

この記事ではこれらのポイントを詳しく紹介していきます。
華やかな振袖をみてみる

振袖の選び方ポイント(1)振袖の色


振袖の選び方の基準として、まず1つ目に色です。振袖が自分の好きな色か、自分の肌に合った色か、実際に着たときに顔に映える色であるかどうか確認しましょう。

振袖が好きな色かどうか

まず、自分が普段から好きな色で振袖のベースとなる色を決めましょう。ベースの色として、赤、黒、青、緑、紫、黄色があります。

私服だと好きな色でも着るのには抵抗があるという方も、振袖ならしっくりくることも多いです。どんな色でも一回羽織ってみてみましょう。

自分の雰囲気やイメージに合っているか

自分自身がどのようなイメージで振袖を着たいかによっても似合う色が変わります。例として次のようなものが挙げられます。

清楚な雰囲気 白やクリーム色など淡い色
可愛らしい雰囲気 ピンクや水色のパステルカラー
落ち着いた雰囲気 青や深緑などの寒色系

これらのポイントにも注意して振袖選びをしましょう。

自分の肌の色に合っているかどうか

肌色の種類は3種類に分けられ、似合う色は以下の通りです。

色白肌 ピンクや水色のパステルカラー
黄色みの強い肌 黄色や緑など明るい色
色黒肌 茶色や深緑、原色

どの肌のタイプにしても似合わない色はありません。同じ色でも、色の濃さや鮮やかさを調節することで、希望の色を着こなすことができます。

実際に着た時に顔に映えるかどうか

振袖の色を選んだあとは、実際に振袖が自分の顔に映えるものかどうか、似合っているかを確認することが大切です。

気に入った色合いのものを選んでも、羽織ってみると思った印象と違うことはよくあります。いくつか振袖を選んだら羽織ってみて、顔映りを確認すると良いです。

振袖の選び方ポイント(2)自分の体型

次に重要なのが体型です。同じ振袖でも体型によって印象は全く変わってくるので、これを基準に選びましょう。

小柄体型

小柄な体型の振袖
小柄な方には小さい柄の振袖が良く似合います。柄が主張しすぎず、すっきりとした印象を与えてくれます。

大きめの柄であれば、隙間が空いていたり、地色に明るい色が使われているものがおすすめです。

高身長体型

大柄な体型の振袖
背の高い人には大柄のもの、大胆な柄の振袖が似合います。

小さな柄を選ぶと着物の地色の面積が広く、寂しい印象になってしまいますが、大きい柄でスタイル良く着こなすことができます。

ぽっちゃり体型

ぽっちゃりな体型の振袖
ぽっちゃり体型の人は上半身に柄が少なく、下に向かって柄が多くなる振袖を選ぶと引き締まった印象になります。

また、濃いめの色を選ぶことも引き締まった印象を与えます。

振袖の選び方ポイント(3)帯、帯締め

次に、振袖の着姿に欠かせない帯や帯締めの選び方について紹介します。

帯の選び方

振袖の帯の選び方がわからない
振袖の次に目につく帯を選ぶには、メリハリをつける事・統一感を持つ事を意識しましょう。

帯のデザインは、亀甲、ひし形、雪輪、七宝など振袖の柄を邪魔することのない柄がおすすめです。そして帯の人気色といえば、金・銀・黒です

ここで、帯の色ごとに振袖との相性を紹介します。

金や銀の帯

金と銀は、多くの振袖に使われている色でもあるので、どんな振袖と合わせて着ても似合う色です。また、振袖全体を華やかで鮮やかに見せてくれます。

黒の帯

黒の帯は、振り袖姿全体を引き締めてくれます。暖色系の色に合わせると、すっきりとした印象になります。ですが、全体的に暗い雰囲気とならないよう注意が必要です。

振袖と反対色の帯

水色の振袖にオレンジの帯など、振袖とは逆の色を選ぶと可愛らしい着こなしができます。この色合いは補色の関係にあり、色を引き立たせる効果があります。

他には赤紫と緑、黄色と紫などの組み合わせがあります。振袖と帯をこの補色で組み合わせる場合、帯とその他の小物の色はなるべく近い色が似合います。

帯締めの選び方

振袖に似合う帯締めの選び方がわからない
成人式の場では、帯締めも華やかで明るい色のものを選びます。振袖や帯に使われている色、その補色となる色を選ぶことがポイントです。

振袖や帯揚げと同系色を選ぶと、統一感のある印象、逆の色を選ぶと引き締まった印象になります。

振袖に似合う髪飾りの選び方

振袖姿の髪飾りは何を選べばよいかわからない
髪飾りや生花など、ヘアアレンジアイテムも重要です。こちらも、振袖や帯締めの色と合わせることで、全体的に雰囲気をまとめることができます。

髪飾りにはボリュームのある一輪花タイプや、小花をまとめた花束タイプなどのデザインがあります。

振袖の柄が大柄なものには一輪花タイプを、小花柄の振袖には花束タイプを選ぶと統一感があります。

振袖選びに不安ならプロへの相談がおすすめ

ここまで振袖選びのポイントを紹介してきましたが、実際に振袖をコーディネートするのは難しいです。多くの着物専門店では店員さんが振袖選びの相談に乗ってくれます。少しでも不安な方は利用してみてはいかがでしょうか。

おすすめの着物専門店である京都きもの友禅でも、頼れるスタッフが丁寧に振袖選びやアドバイスをしてくれるので安心です。

また自分だけでは気が付かない点があるかもしれません。振袖を選んだ後は、自分に似合っているか、配色や柄はおかしくないか、お店の人や家族などの第三者に確認してもらうようにしましょう。

振袖の選び方3つのポイントまとめ

最後に、振袖選びについておさらいしましょう。

色の選び方

  • 好きな色を基にする
  • 自分の雰囲気やイメージを基にする
  • 自分の肌の色に合う色
  • 実際に振袖を当ててみて顔に映える色
柄の選び方

  • 長身の人には大きな柄
  • 短身の人には小さな柄
  • ぽっちゃり体型の人には上半身に柄が少なく、下に向かって柄が多くなるもの
小物の選び方

  • 帯:金・銀・黒がおすすめで、柄が多い物でもOK
  • 帯締め:振袖や帯に使われている色、その補色になるものを選ぶ
  • 髪飾り:振袖の色に合わせたり、帯締めと合わせるとまとまった雰囲気になる。
  • 振袖の柄に合わせた髪飾りで統一感がでる。

ポイントが分かってもなかなか決められない、まずは振袖を直接見てから決めたい、そんな方はぜひお早めに呉服店やレンタル店に足を運んでみましょう。

無料で相談にのってくれる店が多いので、似合う色や柄についてプロに見てもらうことができます。

全国的に店を展開している着物専門店の京都きもの友禅は、店舗数は業界最大数です。ここでも気軽に相談することができますし、公式HPには参考画像が沢山掲載されていますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

京都きもの友禅を見てみる

TOP