成人式の振袖準備ガイド

振袖、買う・借りる?選び方のポイントをチェック

 

成人式の振袖は色や柄の種類が多く、どうやって選べばよいのか困ってしまいますよね。購入するのかレンタルするのかで迷っている方もいるでしょう。

今回は、振袖の選び方について、ポイントやメリット・デメリットをお伝えします。

似合う振袖を選びたい!色の選び方をご紹介

なりたいイメージをまず作る

振袖は、デザインによって、かわいらしいイメージのものや大人っぽいものなど、印象はさまざまです。どんなイメージで着こなしたいか、考えてみましょう。

好きな色を選んで自分らしさをアピール

赤や黒、青・緑・紫・黄色。ベースとなる色を決めましょう。普段から自分が好きな色を選べば、自分らしさが出せますよ。

思いがけない色が似合うこともある

普段の洋服と振袖では、似合う色も異なります。反対に普段では選ばないような色を選んでみることも、新鮮な気持ちになってよいのではないでしょうか。先入観で決めてしまわずに、いろいろな色を試してみましょう。

他の人と被らないように個性的な色を選ぶのもあり

赤ベースの振袖は昔から人気が高く、デザインの種類も多いため、選ぶ人が自ずと多くなる色です。こうした人気色を避け、あまり見かけない色を選べば、自分らしさを表現できますよ。エメラルドグリーンのような中間色の色合いのものや、藤色など、呉服店で見比べてみてくださいね。

実際に当ててみて顔映りのよさを確認する

いくら気に入った色合いの振袖でも、実際に似合わなければ何の意味もありません。肌の色によって似合う色・似合わない色があるため、いくつか振袖を選んだら実際に羽織ったり身体に当ててみたりして、自分との相性を確かめましょう。

一般的に、色白の人は比較的どのような色合いのものでも似合います。黄みがかった肌の人は明るい黄色や緑、日に焼けた健康的な肌色の人は、原色のような濃い色だと顔映りがよくなります。

かわいい?大人っぽい?自分に似合う柄の選び方

なりたいイメージに合わせる

振袖も柄によって印象が大きく異なります。大振りの花が全体的にあしらわれたモダンな雰囲気のものや、細かな柄が散りばめられた古風なもの、中にはストライプやドット模様といった、現代風のものまで。まずはぼんやりとでも「こんな雰囲気がよいな」とイメージをしておくことで、選ぶときに迷わずに済むでしょう。

身長に合わせる

実は、身長によっても似合う柄は異なります。小さな柄の振袖は、一見誰でも似合いそうですが、身長が高い人の場合、どこか寂しい印象になってしまうものも。身長の高い人は、どちらかというと大きな柄のものが似合うことが多いです。自分に映えるデザインのものを選びたいですね。

体型に合わせる

ぽっちゃり体型の人は、柄の出方も振袖選びのポイントとなってきます。上半身に柄が少なく、下に向かって柄が多くなるものを選べば、すっきりした印象に見せることができますよ。

小物選びは着こなしのキモ!コーディネートのコツをチェック

帯の選び方

洋服では難易度が高くて、組み合わせることが少ない「柄×柄」も、振袖では問題ありません。刺繍が施された華やかな帯は、振袖姿をよりいっそう際立たせます。

ポイントは色選び。金・銀ベースの帯であれば、ほぼどの色の振袖でも似合うでしょう。その他、黒や白も合わせやすいカラーです。カラーの帯を選びたい場合は、振袖の柄に使われている色から選ぶことがおすすめです。

半衿の選び方

首元、振袖の中からちらりと見える衿部分のことを半衿と呼びます。この半衿、一見目立たない存在のように思えますが、コーディネートの重要な役割を担っているアイテムです。

昔は無地の白いものを選ぶことが一般的でしたが、今では刺繍やビーズなど飾りがあしらわれているものを選ぶことが多く、カラーもさまざまです。パッと華やぐものを選べば、バストアップ写真を撮ったときにも、華やかな印象の着こなしに仕上げられます。

また、半衿と振袖の間に重ねる重ね衿(伊達衿)とのカラーコーディネートにも気を配りましょう。

帯締めの選び方

成人式の場では、帯締めも華やかで明るい色のものを選びます。帯の上に被さるように締めて帯枕を支える布のことを帯揚げと呼びますが、こちらと色合いを合わせることで、すっきりまとめることが可能です。振袖の柄に使われているものや、振袖のカラーの補色になるものを選んでみてもよいでしょう。

髪飾りの選び方

髪飾りや生花など、ヘアアレンジアイテムも重要なアイテムですよね。こちらも、振袖の色合いに合わせたり、帯締めと合わせたりすることで、全体的に雰囲気をまとめることができますよ。振袖の色に関係なく合わせやすい白い髪飾りは、パッと目を惹き清楚な雰囲気に仕上げられるでしょう。

振袖、買う?借りる?メリット・デメリットを考えよう

メリット・デメリットを理解したうえで選ぶ

振袖を用意するとき、購入するのかレンタルするのかで迷う人も多いでしょう。どちらを選んでも、メリット・デメリット両方があるもの。納得したうえで、どちらのほうが自分に合っているのかを考えて決めましょう。

購入のメリット・デメリット

購入をした場合のメリット・デメリットには以下のような点があります。

・一生ものにできる
・色柄がほかの人と被りにくい
・高価
・保管が面倒

着物は丁寧に手入れ・保管をしていけば、代々引き継げる点がメリットのひとつ。自分自身の一生ものにするだけではなく、娘、孫と代々渡せていけますよ。また、レンタルのように大量生産品ではないものも選べるため、多くの人とデザインが重複することも避けられます。

デメリットは、やはり費用面と保管の手間でしょう。

レンタルのメリット・デメリット

レンタルのメリット・デメリットは以下のものがあります。

・流行の色柄を気軽に着られる
・ほかの人と重なりやすい
・クリーニングや保管がいらない
・安い

ベーシックなものだけではなく、流行の色や柄がある振袖の世界。レンタル店では人気のものを取り揃えているため、そのときに流行しているものを選びやすいメリットがあります。一方で、ほかの人とデザインが重なったり色違いになってしまったりする可能性も。

購入するよりも安く済むため、前撮りなどほかの部分にお金を使える、クリーニングの手間がいらないというメリットも。

まとめ

購入かレンタルか決められない、まずは振袖を直接見てから決めたい、そんな方は、ぜひお早めに呉服店やレンタル店に足を運んでみましょう。無料で相談にのってくれる店が多いため、似合う色柄についてプロに見てもらえますよ。

全国的に店を展開している専門店「京都きもの友禅」では、購入・レンタルの両方に対応。レンタルの場合、人気のものはどんどんなくなっていってしまうため、早めに相談に訪れてみることが大切です。

気に入った振袖で、一生に一度の成人式を迎えたいですね。
京都きもの友禅を見てみる

TOP