成人式の振袖準備ガイド

  • ママ振袖を現代風に!小物&ヘアスタイルで「わたし風」に着こなそう

ママ振袖を現代風に!小物&ヘアスタイルで「わたし風」に着こなそう

 

成人式で着る振袖には、購入・レンタルのほか、「ママ振袖」を着るという方法もあります。お母様が着た振袖が家の中に眠っているという方は、ぜひ「ママ振袖」を検討してみませんか?古くさく見えるといった心配はご無用。現代風に着こなせる方法をご紹介します。

ママ振袖を選ぶメリットって?

自分の振袖なので仕立て直しができる

着物は洋服と違い、着付け時にある程度サイズの調整ができる特徴があります。とはいえ、やはり本人にぴったり合っているサイズのほうがきれいに着こなせるもの。レンタルの場合、仕立て直すことはできませんが、ママ振袖であれば仕立て直しを依頼できますよ。

ママと同じ着物で写真が撮れる

親子2代にわたって、同じ振袖で写真を残せることも、ママ振袖ならではのメリットです。成人式の写真はお母様も残しているはず。写真を見比べることで、お母様の20歳の頃の話を聞くなど、コミュニケーションのきっかけにできるのではないでしょうか。

お母様のお母様、つまり、おばあ様を喜ばせることにもつながるかもしれませんね。

着物を用意しなくてよいので、他のことに費用をかけられる

レンタルするにしても、新しく購入するにしても、振袖を新しく用意するにはそれなりに費用がかかるものです。ママ振袖であれば、本来着物代として必要だった費用を、ほかに回すことができますよ。

小物類の新調に当てるほか、前撮りをゴージャスにするなど、思い出に残る成人式のために、お金を使いたいところはたくさんあるものです。

ママ振袖、こんなことが心配です

古い着物だけど、見劣りしない?

着物のよさは次世代に引き継いでいけることです。よい着物は、しっかり保管をしていれば、次世代だけでなく、代々引き継いでいくことができます。

そうした質のよい着物は、クラシカルな雰囲気が漂い、和のよさを持っているもの。他の振袖に比べて見劣りしないかを、心配をする必要はないでしょう。

デザインが古いので、ダサく見えないか

浴衣と同様、最近の振袖にはバラやハートなど、洋風デザインの柄のものも見られます。とはいえ、礼装として身に着けられる振袖の柄は、やはり昔から変わらないもの。

ベーシックなデザインの振袖に、流行の柄などは大きな影響を持ちません。ダサく見えるといったことは心配しなくて大丈夫です。

ママ振袖を素敵に着こなす!まずは着物をお直ししよう

着物を直す

振袖は何度も着るものではないもの。そのため、ママ振袖も、お母様が成人式のときに着て以来しまい込まれたままだった、といったケースも多いでしょう。

そのため、まずは振袖にシミや汚れがないかをチェックしましょう。そのほか、柄の部分の金彩加工(金箔や金粉を貼りつけた加工)が剥がれてしまっていることもあるので、入念に確認をしましょう。

見落としが心配であれば、はじめから呉服店に持ち込んで、一緒に確認してもらってもよいですね。

直す必要があると判断された場合、呉服店でもお直しを受け付けているところがあるので、新品同様に直してもらいましょう。シミや汚れもプロの手に任せたほうが安心ですよ。

サイズを直す

先ほどもご紹介したとおり、お母様のサイズからご自身のサイズへ、振袖のサイズをお直しします。振袖のサイズ・状態によっては、仕立て直しができないこともありますので、事前に呉服屋さんに確認をとっておきましょう。

ママ振袖を現代風に!コーディネート方法をチェック

小物で現代風にアレンジ

振袖には大きな流行がありませんが、帯やバッグ、半衿や帯締めといった小物類には、時代ごとに流行が見られるものもあります。

着物代が必要ない分、こうした小物類を新調することもおすすめです。帯を変えるだけでも、がらりと印象は変わります。また、今の半衿には柄つきや色つきのものが多く、その理由はアップ写真を多く撮るようになったからというもの。

こうした風潮の変化に合わせて小物類の流行は変化を見せているので、ぜひチェックしておきたいところですね。

ヘアで現代風にアレンジ

小物類と同様、ヘアスタイルにも時代によって流行があります。また、髪飾りも昔のものよりも大振り・華やかな見た目のものが多く使われるようになっているなど、やはり流行があるものです。

ヘアスタイルが今の流行の形になるだけでも、ママ振袖の印象はがらりと今風に変貌を遂げますよ。

メイクで現代風にアレンジ

一昔前の人でも、メイクは異なるものですよね。こちらも、今風のメイクで和装に合うものを施せば、現代風の素敵な見た目に仕上げることができます。

一般的に普段のメイクよりも心持ち濃いめに仕上げることが多いのが、振袖を着るときのメイク方法ですが、あまり気にせず自分でしてしまう人も多いです。

ヘアスタイルと共に美容室に依頼することもできるので、事前に相談をしておくと安心ですね。

「京都きもの友禅」にはママ振袖のお直しプランも!

ママ振袖をお直しして着る方に、特別なプランを用意しているレンタル店もあります。

仕立て直しがセットになっている、小物類のコーディネートの相談やレンタルがセットになっているなど。前撮りサービスがついているお店もありますよ。

たとえば、東京・大阪・横浜といった都市に店舗がある専門店「京都きもの友禅」では、無料の相談をはじめ、実際に着付けをしてみての確認、前撮り写真の撮影など、さまざまなサービスが用意されています。

プランの相談にも対応しているので、まずはお気軽に相談に訪れてみてくださいね。

まとめ

ママ振袖といっても、母と娘では体型も異なりますし、顔立ちも違いますよね。着物のおもしろさは、小物類で印象を一新できること。お母様の振袖姿とはまったく違う、「今のわたし」の着こなしを、ぜひプロのアイディアを借りて実現させてみてくださいね。
京都きもの友禅を見てみる

TOP