成人式の振袖準備ガイド

  • 地味なお下がり振袖は嫌?オリジナルな着こなしで周りに差をつけよう

地味なお下がり振袖は嫌?オリジナルな着こなしで周りに差をつけよう

たくさんの振袖姿が並ぶ成人式。華やかな席に他の人と比べて見劣りするような着物姿。ずらりと色鮮やかな振袖姿の女性が、一堂に会する成人式。華やかな場で、ほかの人よりも見劣りすることは避けたい…そう思うのが女心ですよね。

ママ振袖や、親戚・姉妹のお下がりなどを着ることになった方の中には、地味すぎるのではないか、と悩む方も少なくありません。そこで、今回は、一見地味に見える振袖でも、おしゃれに着こなすコツをお伝えします。

地味に見える振袖とは?

レトロなデザイン

振袖の柄やデザインにも、洋風のものが見られるようになりました。黒地にピンク色の大柄のバラ柄であったり、ストライプであったりと、モダンデザインのものは、どれもこれも華やかで目立つものです。

その中で、昔からあるオーソドックスな柄のママ振袖は、地味に見えてしまうのも仕方がないことかもしれませんよね。

色柄がシンプル

今の振袖と比べ、ママ振袖の時代のものは、色数が少なかったり、柄が全面的にあしらわれていなかったりするものもあります。

色使いも現代風の振袖と比べると、よくいえば品がよく、悪くいえば地味。こうした点から「地味で嫌だな」と思う人もいるのではないでしょうか。

ママ振袖やお下がり振袖のメリット

派手な着物が多い中、逆に目立てる

現代では、ママ振袖派のほかは、わざわざ買わずに、レンタルで済ます人も多い成人式の振袖。そうすると、同じように派手な現代風の振袖が多い中で、ベーシックで品のよいデザインのママ振袖は、逆に目立てるというメリットがあります。

一点ものなので他の人と被らない

実は一番のメリットはこちらかもしれません。レンタルが多いということは、会場内にいる多くの新成人の中で、振袖がお揃いのように似通っていたり、色違いであったりすることが起こるということです。

それと比べて、ママ振袖は一点ものであることも多く、そもそも現在出回っているものではないので、誰とも被らないというメリットがありますよ。

小物などでオリジナルの着こなしができる

ママ振袖を着たとしても、小物類は新調するという人が多いです。帯や半衿など、小物類で自分に合ったオリジナリティを出すことができるので、色合わせなどを工夫して楽しむことができます。色柄合わせによっては、地味さを一新することもできますね。

現代風にする方法その1:着物を直す

傷みを直す

洋服でも同様ですが、まずは振袖の傷みや汚れは、すべて新品同様に直しましょう。専門店に依頼すれば、シミや汚れもきれいに落としてもらえますし、柄の色あせなどもお直ししてもらえます。

サイズを直す

レンタルではできないメリットが、サイズの仕立て直しです。着物は着る人に合わせて、着付けでサイズ調整ができるものではありますが、本人にぴったりのサイズであれば、やはりよりすっきり着こなすことができるもの。

こちらも呉服店などに依頼をしておこないましょう。

現代風にする方法その2:着物以外の部分を工夫(アレンジ)する

帯を新調する

実は、振袖自体には、あまり大きなデザインの流行はないものです。ベーシックなデザインのものは、いつの時代も存在するもの。振袖よりも流行が見られるものが、小物類です。特に、パッと目につく帯は、着付けの印象にも強く関わります。

帯を新調するだけでも、ママ振袖感が薄まり、ぐっと現代風の着こなしにつながりますよ。

小物を新調する

帯のほか、半衿や帯締めなど、ほかの小物類の新調もおすすめです。特に半衿は、昔は白い無地のものが多かったところ、現代では色柄ものが増えてきている変化のあるアイテム。

現代では振袖写真を撮るときに、バストアップの写真も多く撮影するため、半衿の存在感も大きいもの。ぜひ、お気に入りの半衿を見つけてみてくださいね。

また、成人式の振袖といえば、首元にふんわりとかかるファーのショールですよね。こちらも、ママ振袖のときのものと今のものとでは、ボリュームが異なります。こうしたものを新調することで、華やかな雰囲気に仕上げることができるでしょう。

こうしたお直しや小物類の新調は、呉服店やレンタル店でも相談を受け付けています。

たとえば、東京・大阪・横浜などに店舗を構える専門店「京都きもの友禅」では、コーディネートの相談から実際に小物類を合わせてみての着付けなど、持ち込みの振袖での相談にも対応。

小物類は1点から購入が可能なので、必要なものだけ新調できるのもうれしいポイントですよね。

髪型・メイクを今風にする

ヘアスタイルやメイクも時代によって、流行が異なるものですよね。髪飾りも、今風の華やかなものを用意して、今風のヘアメイクをしてもらいましょう。

美容師は今風のヘアアレンジ・メイクに詳しいもの。事前に相談に訪れられるところも多いため、「こんな雰囲気にしたい」といった打ち合わせをしておくと当日も安心です。

画像を今風にする

成人式よりも前に、前撮り写真を撮影する人が多い現代。このときに、唐傘や手まりといった華やかな小物と一緒に撮影する、背景を色鮮やかなものにするといった工夫をすることで、色味がシンプルなママ振袖でも、素敵な写真を撮ることができますよ。

まとめ

振袖をただ見ているだけでは、「地味だなあ」と思ってしまいがちなママ振袖。しかし、実際に羽織ってみると全然地味ではなかったり、小物類の組み合わせ次第で、華やかなイメージの着こなしが可能になったりするものです。

誰とも被らないオリジナルな着こなしで、素敵な成人式の日を迎えてくださいね。
京都きもの友禅を見てみる

TOP