成人式の振袖準備ガイド

卒業袴ってどう選ぶ?振袖&袴の選び方のコツ

「卒業式の袴、どんなものを選べばいいの?」
「卒業式には袴と振袖、どちらを着るべきかな?」

大学や短大、専門学校の卒業式には袴で出席する人がほとんどです。しかし中には振袖やスーツなどで出席する方もいます。袴は、成人式の時の振袖を持っているかどうかでも選び方が異なるので、違いを把握することが重要です。

今回は、一般的に卒業式では何が着られているのか、成人式の時に振袖を購入、レンタルした場合それぞれの袴の選び方やコツを紹介します。

大学や専門学校の卒業式の袴スタイルとは?

袴も振袖も両方着られる

「袴」とは、和服の上から着用する、ひだのある衣服のこと。腰から足までをスカートのように覆うように身に着けます。中に振袖を着ることも多いため、振袖+袴スタイルとして楽しむことができますよ。

合わせる着物に決まりはない

卒業式という式典の場に相応しい着物であれば、中に合わせる着物は振袖ではなくても構いません。お母様やおばあ様の訪問着を合わせて、卒業式に臨むというケースもあります。

ただし、振袖は未婚のうちしか着られない着物です。もし、振袖を持っているのであれば、数少ない着られるチャンスに、ぜひ着ておきたいものですよね。

二尺袖か振袖か

振袖と一口にいいますが、実は振袖には3種類あるということをご存知ですか? 違いは振袖の袖の長さです。

大振袖・中振袖・小振袖の3種類があり、振袖と聞いてイメージする、成人式で身に着ける振袖は中振袖(または大振袖)。袖の長さは二尺八寸五分袖(100cm程度)です。一方、一般的な振袖よりも袖の長さが短い振袖は「二尺袖」といい、袖の長さは76cm程度です。

どちらでないとダメだという決まりはありません。しかし、腕を動かす作業のときに邪魔にならずに、軽やかだという理由から、袴レンタルでは、二尺袖がセットになっていることが多いです。中振袖は袖の長さがある分、より華やかに柄を活かすことができますよ。

色合わせがポイント

振袖と袴、2つのものを合わせて着こなすため、重要になってくるのが色合わせです。同じ振袖であっても、袴の色でがらりと印象が変わるもの。よく考えて決めたいものですよね。

色選びのコツは、「同系色で合わせる」か「反対色で合わせる」こと。たとえば、よく選ばれている紫やえんじ色の袴を合わせたい場合、下記のようになります。

〈同系色〉
・紫色…薄紫や薄ブルー
・えんじ色…薄ピンク

〈反対色〉
・紫色…薄黄緑色
・えんじ色…濃いブルー

同系色で合わせると、色のグラデーションのように落ち着いた印象になり、反対色で合わせるとインパクトのある印象になります。また、振袖の一部に含まれている色合いの袴を選ぶこともおすすめです。

成人式で振袖をすでに購入している場合

成人式のときに着た振袖を使う場合

先に振袖が決まっている場合、一番重要なポイントは袴の色選びです。色によって柄の見え方ががらりと変わるため、納得のいくカラーを選びましょう。

成人式のときとは違う振袖を改めて探す場合

振袖から選ぶ場合は、袴の色を選んだうえで、合う振袖を選んでもよいでしょう。あらかじめ振袖が決まっている・改めて探す、どちらにせよ、当日の足下をブーツにするか、草履にするかによっても袴の選び方が変わります。

成人式で振袖をレンタルした場合

卒業式用の装いの上手な選び方

あらためて卒業式用に振袖をレンタルすることもできますが、卒業袴プランを用意しているところでレンタルすることがおすすめです。卒業袴プランでは、二尺袖と袴をお好きな組み合わせで借りることができますよ。

着付けまでセットのレンタルプランがお得

自分ではなかなかできない着付け。レンタルをするのなら、当日の着付けも含まれているセットプランを利用することがおすすめです。

一例として、「京都きもの友禅」では、全国各地の美容室と提携しているので、割引価格で着付けを行ってもらえます。また、巾着や草履のレンタルも一緒にすると、トータルで着付けをしてもらうことができますよ。

ヘアセット・前撮りまでセットのプランも

せっかくの袴姿なのだから、似合うヘアスタイルにしたい、きちんと写真に収めたいと思われる人もいるのではないでしょうか。レンタルプランには、こうしたヘアセット・前撮りが含まれているものもあるため、事前にチェックしておきましょう。

先ほどご紹介した「京都きもの友禅」でも、こうした特典がついています。着付けと同様、美容室でのヘアメイクの割引サービスや、写真館での記念撮影の割引サービスが利用可能です。

一生に一度の卒業袴姿を、ばっちりきれいに残しておけますね。

まとめ

卒業式には袴を着たいと思っていても、中に着る振袖のことまではしっかり考えていない・知らなかったという人も多いのではないでしょうか。

厳密に、振袖・二尺袖どちらかでないといけない、といったルールはありません。一番大切なポイントは、色合わせと袴の丈です。早めに手配をすれば、その分多くの色合いから、ぴったりのものが選べます。ぜひ、卒業シーズンが到来する前に、お店に訪れてみたいものですね。
京都きもの友禅を見てみる

TOP