成人式の振袖準備ガイド

卒業式には袴と振袖どっち?おすすめのコーデ4選も同時に紹介


「卒業式に着ていくなら袴と振袖のどっちかな?」
「卒業式の袴に合わせる振袖はどんな振袖にしようか迷う!」

大学や短大、専門学校の卒業式には華やかな恰好で出席したいものです。

そこで今回は、卒業式には袴と振袖どちらが良いかをはじめ、袴を着る場合に着合わせるのにおすすめの振袖を紹介します。

卒業式には袴と振袖どっちがおすすめ?


一生で一回、かつ学生最後の華やかなイベントである卒業式には華やかな恰好で出席したいですよね。しかし卒業式に袴と振袖どっちを着ていこうか悩んでいる方も多いと思います。

結論「卒業式には袴スタイルで参列する」のがおすすめです。

一般的に着物を着用する機会は今後、友達の結婚式やイベントなどでもありますが、袴を着る機会はほとんどないからです。大学4年生ならではのこの特権は是非活用してください。

卒業式の袴に合わせる振袖はどんなものがいい?

distressed women
卒業式の袴に合わせる振袖は成人式の時に着る主流である中振袖と小振袖どちらが良いのか悩んでいる方もいるでしょう。

そもそも振袖には大振袖、中振袖、小振袖の3種類がありますが、その3つの違いが良く分からないという方は以下の表を参考にしてください。

大振袖・中振袖・小振袖の違い
振袖名 袖の長さ おすすめのタイミング
大振袖 113cm程度 式典・結婚式
中振袖 100cm程度 成人式
小振袖 76cm程度 卒業式の袴と一緒に

結論としては、「中振袖と小振袖どちらでも大丈夫」です。

袴に合わせる振袖は必ずコレといったような決まりはありません。そのため成人式の時にレンタルした振袖をそのまま卒業式で袴と合わせることも不可能ではありません。

しかしどちらかというと小振袖と袴を合わせて着こなす例が主流でしょう。理由は以下です。

  • 腕を動かす作業のときに邪魔にならずに、軽やかに動ける
  • 身長が低い人もスタイル良く見せることが出来る
  • このような理由から小振袖がおすすめです。

    卒業式の袴に合わせる靴は草履とブーツどちらがおすすめ?

    卒業式の袴に合わせる靴には草履とブーツと2種類あります。基本的にはどちらでも着こなしとしては問題ありません。

    ただし、それぞれ草履とブーツにはメリットとデメリットがありますので、どのメリットを最優先したいか考えて検討するようにしましょう。

    草履とブーツのメリット・デメリット
    メリット デメリット
    草履
  • 脱ぎ履きしやすい
  • デザインの種類が豊富
  • 歩きづらい
  • 靴ずれが起きやすい
  • 雨や雪の日に足が濡れる
  • ブーツ
  • ヒールでスタイルアップできる
  • 歩きやすい
  • 脱ぎ履きが面倒
  • デザインが少ない
  • 草履を履く場合の着こなし


    草履をはく場合は袴の着付けをくるぶしが隠れるくらいの長さに合わせましょう。もし草履をはく場合に短い袴を着つけてしまうと足袋と足の肌の境が見えてしまうため、大変格好悪くなってしまいます。気をつけましょう。

    また、卒業式の日が寒い時期の場合は足裏にカイロを貼るなどの対策をしましょう。

    ブーツを履く場合の着こなし


    ブーツを履く場合は袴の着付けを足首が見えるくらいまで短めにしましょう。

    もしブーツを履く場合に長い袴を着つけてしまうと袴の裾(すそ)を踏んでしまい、汚れてしまう原因ともなります。気をつけましょう。

    また、卒業式の日が寒い時期の場合はハイソックスやタイツを着用してからブーツを履くと暖かいです。

    卒業式袴のコーディネート4選

    古典柄コーディネート

    1.明るい紫×紺

    enji and darkblue

    明るい紫の振袖と紺色の袴で古風で上品な雰囲気が出ます。この紫の着物の二丈袖に咲く大きな蘭の花が華やかさを引き立ててくれるため、派手過ぎない色の振袖でも存在感を際立たせることができます。

    2.茶×えんじ


    こちらもベースは茶色で大人しめの色ですが、薄黄色とピンクが基調の大胆な花柄が印刷されており、周囲の目を引くデザインです。

    えんじとの相性も良く、程よい華やかさを演出することが出来ます。

    モダン柄コーディネート

    3.黒×えんじ


    黒の振袖の袖に濃いピンクも染色されており、加えて銀色で薔薇模様を染色してあるゴージャスな仕上がりです。個性を引き出し周りと差をつけることができます。

    4.赤×紺

    red and blue
    矢絣柄(やがすりがら)の二尺袖で上品な赤と桜柄が刺しゅうされた紺色の袴が組み合わさることで上品さを演出しつつも、他の人よりトレンド感溢れた雰囲気を演出することができます。

    卒業式の袴を借りるのにおすすめな着物専門店はどこ?


    卒業式の袴はお店によっても商品ラインナップや価格、デザインなども大きく異なります。

    そこで見てほしいポイントとしては4つあります。

    • 振袖商品の種類が豊富
    • ヘア・メイク着付けの割引や提携などがある
    • 草履などのレンタルの優待サービスがある
    • 幅広い価格展開がある

    卒業式の袴は可愛いかつ自分の髪色や肌色に似合う袴を着たいでしょう。

    しかし商品ラインナップが少ないと、振袖と袴の組み合わせも限られてしまい、自分の個性を演出するのが少し難しくなってしまいます。そのため商品数が多いところを選ぶようにしましょう。また着物専門店によってはヘア・メイクの料金が完全別料金であったり、草履のレンタル代の割引が効かないところもあります。

    袴をレンタルする場所は慎重に選ぶようにしましょう。おすすめは京都きもの友禅でのレンタルです。理由は以下のポイントです。

    • 振袖新作商品が毎年150種類ある
    • 一流美容院と提携し、割引制度あり
    • 草履や巾着の割引サービス有
    • 振袖は1万円~4万円、袴も6千円~3万円程度と豊富な値段展開

    ただし、人によっては着物の柄の好みがお店によってあわなかったりすることもあります。まずは京都きもの友禅の袴のラインナップを見てみてはいかがでしょうか?

    京都きもの友禅の袴を見る

    まとめ|卒業式は袴がおすすめ!袴には小振袖を合わせよう

    卒業式の服装についてお話してきました。ここでおさらいです。

    • 卒業式には袴・振袖両方着用できるが袴がおすすめ
    • 袴に合わせる振袖は小振袖がおすすめ
    • 卒業袴の靴は草履でもブーツでも良いが、草履は歩きやすさがブーツと異なるため注意
    • 袴レンタルは着物専門店によって品ぞろいから着付け、ヘアメイクサービスなどが大きく異なるため注意

    着物専門店によって品ぞろいなどが大きく異なるため、着物専門店によっては自分に似合う且つ個性を出せる袴が見つからないこともあります。

    品揃えも150種類でヘアメイク割引など豊富な京都きもの友禅であれば、品ぞろえもサービスも良心的で安心です。一度店頭に足を運んでみてはいかがでしょうか?

    京都きもの友禅を見てみる

    この記事が参考になった方は以下の記事もおすすめです。
    【振袖のリメイク完全ガイド】リメイクの事例や値段について徹底解説
    【振袖レンタル・購入の料金相場】最適なお店選びの4つのポイント

    TOP