成人式の振袖準備ガイド

  • 魅力的な振袖選びはいつから?早めの準備で大満足の成人式を

魅力的な振袖選びはいつから?早めの準備で大満足の成人式を

 

二十歳(はたち)を迎えた新成人の女性が成人式で着用する「振袖」。一見大変そうに思える準備ですが、早めに開始するだけで、大満足の成人式にすることができます。人生に一度のスペシャルイベントである「成人式」の準備はいつから、また何をしたらよいのかを紹介していきます。

人生に一度の成人式だからこそ「早めの準備」

冬の寒空と冷たい空気に華やかさを添える「成人式」。同学年の友人との再会を楽しんだり、近況を楽しく話したりする新成人が集まる日として知られています。そんな特別の日に着用する、特別な装いが「振袖」です。

一般的に和装をする機会が少なくなり、時折成人式にも洋服や普段着で出席される方をお見かけします。しかし、成人式という日は人生に一度のスペシャルイベントです。その特別な日のためにも、できる限り振袖や華やかな装いをおすすめします。

そもそも「成人式」って出席する?

中学・高校を卒業すると、大学などに進学する人と、就職して早めに社会に一歩踏み出す人に分かれます。この時期には、大学や就職先によって、慣れ親しんだ地元を離れることも。ですから、成人式で地元に帰省し、友人や家族に会うことは、思い出の多いところで過ごす大切な時間にもなります。

すでに就職していたり、結婚して家庭や子育てに奮闘していたりすると、成人式に出席しにくいこともあるかもしれません。また、成人式のイメージが「振袖を着て、当日の式で集まるだけ」と考えてしまい、結果、成人式に出席しない人もいるようです。

しかし、人生に一度の成人式は、20年の歳月を振り返るためのもの。娘の成長を楽しみにしていたご家族にとっても大切な日なのです。メディアに流れる様子だけを見ていると、ただ楽しむ若い人が映りますが、ご両親やおじい様、おばあ様も楽しみにしていることをお忘れなく。

人生でたった一日しかない記念日に、20年間の感謝を込めた意味でも、華やかな装いで過ごすことをおすすめします。

成人式の振袖、おすすめは「お気に入り」が一番!

成長や将来の繁栄などを意味する絵柄も多くある振袖の柄。成人式に振袖で出席するなら、魅力的な絵柄や鮮やかな色から、お気に入りの1点を見つけるのはいかがでしょうか。せっかく着用する振袖、妥協はNG!というぐらいの意気込みで選ぶとよいでしょう。

「モダン柄」や「古典柄」などの絵柄や、「専門店おすすめの新作」や「デザイナーズ振袖」など、さまざまな種類があります。絵柄や色の「好み」だけでなく、肌の色や雰囲気、身長や体格など、着用する人に合う振袖を選ぶことが大切です。

特別の日の装いだからこそ、広い選択肢の中から、本当に満足できる「お気に入り」の振袖を選びたいですよね。

成人式で振袖を着る人の準備パターン

振袖専門店やレンタルショップなどのWebサイトやDM、広告は、約2年前から新成人に向けて準備が始められていることもあります。「振袖レンタル」にするか、「振袖を購入」するか、まったく考えていなかったというところに、宣伝が送られてくるので驚かれることもあるでしょう。

振袖のDMや広告を受け取ることは、成人式について考え始めるきっかけになります。成人式まではまだ1年以上あったとしても、1年前、少なくとも8~10カ月前ぐらいの時期を目安に、準備を始めることをおすすめします。

準備が早いとお得なサービスがたくさん!

成人式の準備を早めに開始する理由のひとつとして、「割引がある」ことや「新作を着用できる」ことなどがあります。特典が盛りだくさんなのは、早めの準備ならではのサービスといえるでしょう。

振袖のレンタルや購入にセットされている前撮りの写真撮影。都合のつきやすい時期に「前撮り」ができるのも早めの予約の特典です。

たとえば、成人式は翌年1月であっても、5月の連休や春休み、秋の休日に写真撮影をすることができます。季節のよいとき、ご家族の予定、仕事や大学のスケジュールに合わせて、記念写真の撮影時期を選べます。これは、新成人で混み合う時期を避けた早めの準備や予約ならではのメリットですね。

なんだか複雑そう…「成人式」の準備のポイント

特別な日になる成人式のために振袖を準備したいと思っても、普段着慣れない振袖。何から手をつけてよいのか、考えてしまうこともありますよね。とくに、和装のことがわからないと、何から準備してよいのか不安になってしまって当然です。

だからこそ、振袖に限らず、和装のおしゃれな着こなしには、必要なものを事前にしっかりと揃えておくことがポイントになります。

レンタルか購入か…振袖一式を揃えるには

成人式の振袖選びにも、さまざまな方法があります。

・振袖一式のフルセットレンタル
・振袖一式の購入
・ママ振袖などで、すでに準備完了
・家族や親戚の振袖を借りる。いくつかのアイテムのみレンタルまたは購入

大まかに分けると、振袖を揃える方法には、上記のような準備スタイルがあります。「京都きもの友禅」のWEBサイトをチェックしていただくと、いろいろな準備方法が掲載されています。振袖の準備だけでなく、全国3,300店の写真館や美容室との提携があるので、トータルに準備ができ、クオリティの高い装いで安心して成人式を迎えられます。(http://www.kyotokimonoyuzen.co.jp/welcome/index3.html

振袖セットをご家族やご親戚、お知り合いに借りる場合には、小物が揃っているかを確認しておくことも大切です。さらに、美容室や写真スタジオの予約もチェックしておきましょう。成人式の準備で大切なのは、式当日や前撮りの日に、振袖一式と必要な装いが「揃っていること」です。

成人式は地元。レンタルショップも地元?

成人式で着用する振袖がレンタルの場合、どこの振袖専門店やレンタルショップを選ぶかということも気になる点かもしれません。成人式は、ほとんどの人が地元に帰って迎えたり、ご家族のいるところで写真撮影をしたりしますから、予約から着用当日までの道のりも便利であることが大切です。

振袖専門店のレンタルシステムの種類もさまざまです。しかし、多くの場合は予約する店舗と、成人式の場所や前撮りの場所が離れていても問題はありません。お得な予約特典として、着付けやヘアメイクなども割引価格で手配してくれます。ですから、数ある振袖の中から、まず「お気に入りの振袖」を見つけましょう。

成人式の準備はいつから始める?お気に入りの振袖を着るためには「早め」がポイント

「備えあれば憂いなし」というのは、成人式の振袖選びにも言えること。お気に入りの振袖を見つけたのに、忘れたものがあってはせっかくの装いに満足できなかったということになりかねません。早めの準備がおすすめな最大の理由は、魅力的な振袖を見つけ、満足のゆく成人式にするために欠かせないからです。

振袖を着用するなら早い準備が安心できる

人生に一度しかない成人式だからこそ、お気に入りの振袖を見つけることが成人式を成功させ、満足するための秘訣です。そのためにも欠かせないのは「早めの準備」。意外とバタバタとしやすい成人式直前に、足りないものがあったりすると不安にもなってしまいます。

一例として、有名振袖専門店で振袖のレンタルを考えていたAさん。ちょうど1年先の成人式に向けて、Webサイトでお気に入りをチェック。少し深みのある赤地に裾に向かって黒のグラデーション、大小の桜をモダンに描き、金糸でアクセントをつけた振袖。数年前からイメージしていた振袖を成人式に着ることにしました。

でも、まだ先だと思いのんびりしていたら、気に入った振袖に先客が……。すでに、レンタル先が決まってしまっていたそうです。人気のある振袖は早い時期に予約が埋まってしまうというのが、レンタル着物の特徴だと実感したAさん。

成人式は妥協せざるを得なくなってしまったので、卒業式にお気に入りの振袖を着用したとか。満足のゆく振袖選びには、やはり「早めの準備」がおすすめですね。

来年の成人式に振袖が着たい!まだ間に合う?

来年2019年の成人式。急だけれど「やっぱり成人式に出席しよう」とか、「やっぱり振袖が着たい」という場合もあります。大手の振袖専門店やレンタルショップならOK。

「京都きもの友禅」にも、毎年約150種類以上の新作振袖の品揃えがあるので、今からでもサイズの合うものや気に入ったものを見つけることができるかもしれません。業界最大級の品揃えがあり、新作振袖を出し続けている専門店ならではの「おすすめ」の振袖を見つけられるでしょう。

振袖選びで後悔しない!成人式のポイントは「早めの準備」

数ある種類の中から魅力的な振袖を選び、大満足の晴れの日の装いをしたい「成人式」。早めに振袖をチェックし始めるのは、成人式の準備のおすすめパターンです。朝早くから準備が始まる成人式も、事前の準備がきちんと整っているとゆったりとした気分で一日を過ごせることでしょう。

京都きもの友禅を見てみる

TOP