成人式の振袖準備ガイド

  • 成人式の前撮りの時期はいつがいいの?夏前に撮るべき3つの理由

成人式の前撮りの時期はいつがいいの?夏前に撮るべき3つの理由

「成人式の前撮りをするのにふさわしい時期っていつ?」
「ベストなタイミングに納得のいく前撮りをしたい」

最近では忙しくなりがちな成人式当日ではなく、前もって満足のいく写真を撮りたいと考えている人が増えています。

ここでは納得のいく成人式の前撮りをするための適切な時期や、おすすめの着物専門店を紹介していきます。
成人式の前撮りプランをみてみる

成人式の前撮りは夏前までにするのがベスト!

成人式の前撮りは夏前までに済ませておくことをおすすめします。

なぜなら以下のような3つの理由があるからです。

  1. 混雑を避けられる
  2. 綺麗な景色と共に撮影できる
  3. 日焼けをする前に撮影できる

1.混雑を避けられる

成人式の前撮りをする人は夏休みから徐々に増えていき混雑を避けられるます。

混雑してくると希望の日時で前撮りができないうえに、ゆっくり丁寧に撮影してもらえない可能性があります。

そうなってしまうことを避けたいなら5~7月に前撮りすることをおすすめします。

3~4月は入学・卒業シーズンであり、夏休みから成人式までの秋・冬は成人式の前撮り希望者が多いため、写真撮影の需要が高まります。

特に10月~11月の休日は七五三の撮影が多いため、前撮りの予約がとりにくいと言われています。

そのため、一生の記念に残る前撮り撮影を慌ただしい雰囲気の中ですることのないよう、春~夏前までに済ませると良いでしょう。

2.綺麗な景色と共に撮影できる

スタジオで写真撮影をした後に自分のカメラで外で写真撮影をしたい方や、プロのカメラマンによるロケーション撮影をしたいと考えている方には3~5月、9~11月がおすすめです。

どちらも過ごしやすい気候なので快適に成人式の前撮りをすることができますし、春であれば桜、秋であれば紅葉を背景に撮影できるかもしれません。
紅葉を背景にした前撮り

3.日焼けをする前に撮影できる

ずっと記念に残るような写真に映っている自分が日に焼けていたら嫌だと思う女性は少なくないはずです。

夏以降だと日焼けした状態での前撮りとなってしまう可能性がありますが、3~6月なら日差しが強くなる前なのでその心配はありません。

さらに、この時期なら汗で化粧が崩れる心配もないので嬉しいですね。

夏前に成人式の前撮りができなかった場合は?

とはいえ、様々な事情から夏前に前撮りができなかった、そもそも秋冬に前撮りをするつもりでいた、という方は多いようです。

夏休みから成人式までは混雑が多少心配されますが、その場合でも混雑を避けやすい方法があるのでご紹介していきます。

前撮りができる日や場所が豊富なお店を探す

着物専門店での前撮り付きのレンタルや購入プランを考えている人は必見です。

ほとんどの着物専門店は、前撮り付きのレンタルや購入プランを用意していますが、前撮りの会場や日程の数はお店によって変わってきます。

そのため、前撮りの候補日を多く用意している着物専門店で予約をすることをおすすめします。

例えば「京都きもの友禅」には業界最大規模である3300店舗の一流写真館・美容室との提携があり、前撮り記念写真撮影用の特設会場ではなく常設の写真館があります。

他の着物専門店のように特定の撮影日を設けていないため、一年を通して好きな日を選ぶことが可能です。

夏前までに前撮りをしなかった方も「京都きもの友禅」なら、比較的希望の日時に前撮りしやすいと考えられます。

京都きもの友禅を見てみる

少しでも空いている時期に前撮りをする

写真館やスタジオに直接予約をして前撮りをしようと思っている人は、少しでも空いている時期に行うことで、ゆったりと撮影できるかもしれません。

おすすめは9月後半と12月前半です。

なぜなら、七五三シーズンと帰省をして前撮りをする人が増えるお盆休みや年末年始を避けることができるからです。

また、平日に時間を作ることができる方には長期休暇以外の平日に前撮りすることをおすすめします。

夏前に前撮りができなかった人、秋冬に前撮りを考えている人は参考にしてみてください。

後撮りをする

成人式といえば前撮りが主流ですが、成人式の日以降に自由に日程を決めて後撮りをするという方法もあるんです。

後撮りの最大のメリットは、着物専門店や写真スタジオの繁忙期を避けることができるため、比較的着付けから撮影まで丁寧に対応してもらえたり、余裕を持った撮影ができることです。

一方で、後撮りのレンタルや購入とのセットプランを用意しているお店は少ないです。

着物をもう一度レンタルしたり着付けやメイクをもう一度頼む必要があるので、費用が前撮りよりもかかる可能性が高いのがデメリットです。

後撮りには期日がありませんが、20歳の時の自分を写真に残したいと思う方は21際の誕生日までに撮影することをおすすめします。

また、来年度の新成人の前撮りで混雑し始める8月までには撮影しましょう。

前撮りの料金相場は、セットプランで約8万~20万

次に前撮りの料金相場についてみていきましょう。

前撮りの費用は、写真館、スタジオ、振袖をレンタル・購入するお店によって様々です。

ここでは、一般的な費用を紹介しますのでこれを参考に比較をしてみてください。

・撮影のみ 約1万~1万5千円

・着付け・ヘアメイク・撮影 約4~5万円

・振袖レンタルのセットプラン 約8~20万円

プランに含まれるサービス内容を確認

振袖のレンタルをセットプランで申し込んでいる方は、プランに含まれるサービス内容を確認しましょう。

店によってプランの中に含まれているサービスの内容が異なるため、複数のお店のプラン内容をチェックし、比較したうえで決断しましょう。

早割の活用がお得!

早い時期から振袖レンタルや前撮りの予約をすると割引料金価格になることがあります。早割を活用してお得に振袖レンタル・前撮りを行いましょう。

まとめ|成人式の前撮りをするのにおすすめな時期は?

最後に、成人式の前撮りの時期を決めるのにあたって大切なポイントをおさらいしてみましょう。ポイントは大きく分けて4つあります。

  • 混雑を避けたいなら5~7月、季節を選ぶなら3~5月、9~11月に前撮りをするべき
  • 夏前に前撮りができなかった場合は様々な方法で混雑を避けられる可能性がある
  • 前撮りができる日や場所が豊富なお店を探す
  • 少しでも空いている時期に前撮りをする
  • 後撮りをする
  • 前撮りをするなら一年を通して予約ができる「京都きもの友禅」がおすすめ

いかがでしたか?

前撮りの時期について考え始める時期は人それそれだと思いますが、なるべく早めの前撮りをすることが重要です。

振袖を決める際に前撮りの時期を決めることが多いので、振袖の購入やレンタルに前撮りが含まれているプランを考えている方には、どの着物専門店を選ぶかも重要になってきます。

今回ご紹介した「京都きもの友禅」は国内最大級の店舗数を構えており、お客様の前撮りの希望日を叶えやすいよう、常設の写真館で年中予約することが可能です。

是非Webサイトをチェックしてみてはいかがですか?

京都きもの友禅を見てみる

TOP