成人式の振袖準備ガイド

  • 人気No.1!赤振袖の魅力&着こなしのポイントと似合う髪色は?

人気No.1!赤振袖の魅力&着こなしのポイントと似合う髪色は?

「赤の振袖ってどんなものがあるの?」
「赤って定番だし、周りと被りたくないな」

振袖の定番色と言っても過言ではない赤い振袖は、多くの人に親しまれています。
しかしその反面、周りと被ってしまうことを気にする方も多いのではないでしょうか。

柄や帯の色次第で、振袖の印象を自分らしく変えることができます。
ここでは、赤い振袖にはどんな振袖があるのかを紹介していきます。

また、それぞれの振袖の魅力やそれぞれに似合うメイクや髪型、小物も紹介していきます。
赤の振袖を見てみる

赤振袖は正統派の美しさ!今しか着ることができないのが魅力

振袖の赤は毎年、人気色です。人気なのには人気なりの理由があります。ここでは赤の振袖の魅力を紹介します。

若いからこそ着ることのできる華やかさ

赤は振袖の定番色であることから、周りと被るのではないかと心配する方も多いでしょう。

しかし赤という色は若いときだからこそ着ることのできる色でもあります。歳を重ねると落ち着いた色のものを着ることが多くなってしまうためです。

また赤には明るめなものから濃いめのものまで、微妙な色の差があります。そのため周りと全く一緒の振袖になることはなく、アレンジの幅も広いです。

クラシカルで正統派の美しさがある

赤は日本古来より建築物や漆器など、衣服以外の場でも使われてきたカラーです。そのため、華やかなカラーの中でも正統派の美しさがありますね。

また赤はおめでたいときに使われてきた色でもあります。

成人式という一生に一度しかないハレの日に華やかな赤を選ぶことはおすすめです。

和の色味によく似合う

和小物にも赤はよく使われています。赤は他の色などに比べて和のコーディネートもしやすく、小物合わせもしやすい優秀カラーです。

また和で使われる金や銀、黒といったカラーとも好相性です。

大人びたデザインから現代風まで!赤振袖のデザイン3種

振袖は柄だけで、印象が全く異なります。赤は人気色ですが、柄などのデザインを変えるだけで個性を出すことができます。
ここでは振袖の柄を3種類紹介していきます。

古典柄


赤地に小さな花が散りばめられているものや、熨斗(のし)文様など、和テイストを感じられる伝統的な柄が多いのが特徴です。

他の柄と比べても、季節の花が描かれていて本物に近いデザインです。また品格が高いことも特徴です。

帯によっても表情ががらりと変わります。

モダン柄

赤 モダン
赤と白の太めのストライプや、バラなど洋風モチーフをあしらった振袖も、赤振袖の中で人気のデザインです。振袖自体のインパクトが強いものが多い、という特徴があります。

現代風のデザインであり、個性を出したい方にはおすすめです。

レトロ柄


縁取りをした大きな花柄や、原色を多用したデザインなど、大正モダンのようなポップなレトロ柄も、赤ベースだとより映えるデザインです。古典柄のクラシックな印象とはまったく異なる、かわいらしいイメージの振袖です。

【色別】赤の振袖に合う帯を紹介

振袖の柄の他にも、帯の色を変えるだけで印象をガラッと変えることができます。帯の色ひとつで、華やかな印象にもなったり、大人っぽい印象になったりもします。
ここでは赤の振袖に合う帯の色、そして与える印象を紹介します。

金色

金色は赤と相性がよいカラーのひとつです。帯に使用することで、華やかな印象を与えることができます。

また金色のほかに多様な色が帯に入っていれば、着る振袖によって印象を変えることができます。

黄色

暖色同士、赤と黄色は相性がよいカラーです。赤の振袖に黄色の帯を合わせれば、上品な印象に仕上げることができます

また黄色の帯に、紫の帯締めを合わせると上品かつ華やかな印象にもなります。

赤と白は日本的な色の組み合わせの代表例のひとつといってよいでしょう。

白基調の帯を選ぶと、すっきりした上品な印象になります。組み合わせやすいカラーです。

黒は赤の華やかさをぎゅっと引き締める効果を持っています。
そのため大人っぽい雰囲気で着こなしたいときにもおすすめです。

黄緑色も赤との相性がよく、帯や帯締めで使うことがおすすめです。緑は赤の補色でもあり、それぞれの色を引き立て合う色です。

はっと目を惹く鮮やかな着こなしをしたい方におすすめです。

赤の振袖で周りと差をつけるには髪型やメイクがポイント

ここまで振袖の柄や帯を変えることで変わる印象を紹介してきました。ここではさらに髪型、メイク、ネイルに絞って取り上げていきます。

髪型はアップの黒髪がおすすめ

品のよいクラシックなものでは、黒髪のアップがおすすめです。また後れ毛を少し残してみるのも可愛く仕上がります。
髪染めをしている場合も、できるだけ濃い色のほうが清楚な雰囲気が醸し出せるでしょう

また、レトロデザインのものも、黒髪がぴったりです。
花柄など、色鮮やかなデザインのものでは、髪染めをしたヘアーでも似合うでしょう。
巻いた髪を多めに下ろすスタイルもおすすめです。

髪飾りは大きめのものを選ぼう

赤い振袖に負けないような、大振りの髪飾りがおすすめです。

柄の色に合わせて、黄色や青、紫といったカラフルなものを使用しても素敵ですし、白で上品な雰囲気に仕上げてみるのもおすすめです。
飾りは、振袖や小物と色を合わせたものを選びましょう。

ネイルは振袖や小物の色に合わせて

赤の振袖には、振袖に合わせた色味の赤のほか、小物に合わせた色使いのネイルがおすすめです。

賑やかなデザインのものでは、ストーンなどをあしらって今風にしてもよいでしょう。

メイクはいつもより濃いめに

振袖メイクは、いつものメイクよりほんのちょっぴり濃いめに仕上げることが、振袖に負けない顔に仕上げるコツです。

アイラインは黒を使い、しっかりめに引きましょう。アイシャドウは、振袖の柄の一部に合わせたものを使います。

紫が入っているなら紫を、金色や茶系ではブラウン系シャドウを使ってみましょう。

ワンポイントとして、目尻のあたりに赤いシャドウをほんのり足してみるのもおすすめです。

【まとめ】赤の振袖を自分らしく着こなそう

最後に、赤い振袖のポイントをおさらいしましょう。

  • 赤い振袖は若いときに着れるのが魅力
  • 正統派の美しさや華やかさがある、和の色味によく似合う、といった魅力がある
  • 王道色である赤でも帯で印象を変えることができる
  • 髪型、髪飾り、ネイルやメイクで周りと差をつけよう

女性らしさと大人っぽさを兼ね備えた赤い振袖は、いつの時代も新成人に人気のある色です。

沢山のバリエーションがあるので、迷っている場合は振袖を選ぶ際には着物専門店で実物を見てみることをおすすめします。

例えば、全国に多数の店舗を構える「京都きもの友禅」では、実際に振袖を羽織ってみることができます。

ぜひ「京都きもの友禅」の店頭に行ってみてはいかがですか?
赤の振袖を見てみる

TOP