成人式の振袖準備ガイド

  • 王道カラー!赤振袖の魅力&着こなしをチェックしよう

王道カラー!赤振袖の魅力&着こなしをチェックしよう

 

さまざまな色がある振袖。その中でも人気のカラーのひとつが赤です。華やかな赤い振袖は、お祝いの場にもぴったりのカラー。今回は、赤い振袖の魅力や着こなし方についてご紹介します。

正統派の美しさもポップなかわいさも!赤振袖の魅力とは?

クラシカルで正統派の美しさがある

赤は日本古来より建築物や漆器など、衣服以外の場でも使われてきたカラーです。そのため、華やかなカラーの中でも正統派の美しさがありますね。

王道カラーである赤は、ハレの日である成人式に身に着ける振袖の色として、間違いないものだといってよいでしょう。

ハレの日にふさわしい華やかさがある

赤はおめでたいときに使われてきたカラー。そのため、お祝い=ハレの場にぴったりです。品のよい色味の赤も多くあるので、華やかさの中にも上品さを感じることができますよ。

和の色味によく似合う

和小物にも赤はよく使われています。小物合わせもしやすく、和のコーディネートがしやすい優秀カラーでしょう。その他、和で使われる金や銀、黒といったカラーとも好相性です。

かわいらしさを表現できる

デザインによってはかわいらしさも演出できるところが、赤い振袖の魅力。女の子らしい華やかさを演出できますよ。

大人びたデザインから現代風まで!赤振袖のデザイン3種

古典柄

赤地に小さな花が散りばめられているものや、熨斗(のし)文様など、和テイストを感じられる伝統的な柄が多いのが、赤い振袖の特徴です。帯によっても表情ががらりと変わりますよ。

モダン柄

赤と白の太めのストライプや、バラなど洋風モチーフをあしらった振袖も、赤振袖の中で人気のデザインです。振袖自体のインパクトが強いものが多い、という特徴がありますよ。

レトロ柄

縁取りをした大きな花柄や、原色を多用したデザインなど、大正モダンのようなポップなレトロ柄も、赤ベースだとより映えるデザインです。古典柄のクラシックな印象とはまったく異なる、かわいらしいイメージの振袖です。

色合わせで自分らしく!赤の振袖によく映える色

赤と白は日本的な色の組み合わせの代表例のひとつ、といってよいでしょう。赤と白のストライプ柄の振袖など、柄自体に白が含まれているものも多くあります。白基調の帯を選ぶと、すっきり上品な印象に。組み合わせやすいカラーです。

ピンク

赤振袖の柄の中にも多く含まれているピンク色。同系色のため、「映える」とはちょっと異なりますが、相性のよいカラーです。髪飾りなど、小物に取り入れることもおすすめ。

黄色、芥子色

暖色同士、赤と黄色は相性がよいカラーです。黄色はポップで明るいイメージの振袖に、芥子色は大人っぽい振袖にぴったり。雰囲気に応じて選びたいですね。

金色も赤と相性がよいカラーのひとつ。振袖自体に金糸の刺しゅうが施されているものもありますし、帯に使用しても華やかで映えるカラーです。

赤振袖の中には、黒の模様が大きくあしらわれているものもあります。モダンな雰囲気や、レトロな雰囲気が感じられますよ。黒は赤の華やかさをぎゅっと引き締める効果を持っていますので、大人っぽい雰囲気で着こなしたいときにもおすすめです。

花柄の中に葉の緑が含まれているなど、振袖の中に緑の柄が含まれていると、小物でも緑を取り入れやすいですよ。

特に帯や帯締めで黄緑色を使うことがおすすめ。緑は赤の補色。それぞれの色を引き立て合う色です。はっと目を惹く鮮やかな着こなしをしたい方におすすめです。

赤から紫へとグラデーションになっている振袖など、紫も赤振袖によく使われる色のひとつ。金色の帯に紫の帯締めを締めると、上品かつ華やかな雰囲気に仕上がりますよ。髪飾りに取り入れることもおすすめです。

小物&メイクは着こなしに重要!おすすめコーディネートのコツ

赤の振袖に似合う髪型と髪の色

品のよいクラシックなものでは、黒髪のアップがおすすめ。後れ毛を少し残してみても。髪染めをしている場合も、できるだけ濃い色のほうが清楚な雰囲気が醸し出せるでしょう。

また、レトロデザインのものも、黒髪がぴったり。こちらでは、ボブカットなど、短いヘアーもかわいく仕上がりますよ。花柄など、色鮮やかなデザインのものでは、髪染めをしたヘアーでも似合うでしょう。巻いた髪を多めに下ろすスタイルも素敵です。

髪飾りは、振袖や小物と色を合わせたものを選びたいですね。

赤の振袖に似合うネイル

赤の振袖には、振袖に合わせた色味の赤のほか、小物に合わせた色使いのネイルがおすすめです。賑やかなデザインのものでは、ストーンなどをあしらって今風にしてもよいでしょう。

赤の振袖に似合うメイク

振袖メイクは、いつものメイクよりほんのちょっぴり濃いめに仕上げることが、振袖に負けない顔に仕上げるコツです。

アイラインは黒を使い、しっかりめに引きましょう。アイシャドウは、振袖の柄の一部に合わせたものを使います。紫が入っているなら紫を、青が入っているならブルー系、金色や茶系ではブラウン系シャドウを使ってみましょう。

ワンポイントとして、目尻のあたりに赤いシャドウをほんのり足してみるのもおすすめです。

赤の振袖に似合う髪飾り

赤い振袖に負けないような、大振りの髪飾りがおすすめ。柄の色に合わせ、黄色や青、紫といったカラフルなものを使用しても素敵ですし、白で上品な雰囲気に仕上げてみても。

まとめ

赤振袖は、「これぞ振袖!」と思える王道カラーです。とはいえ、雰囲気はさまざま。上品で大人っぽい振袖も素敵ですし、今風のレトロやモダンなデザインのものもかわいく着こなすことができますよ。

振袖を選ぶには、やはりまずはお店で実物を見るのが一番。無料で相談を受け付けてくれるところに出向いてみることがおすすめです。

たとえば、全国的に多数の店を構える「京都きもの友禅」では、実際に羽織って試してみることも可能。レンタルサービスも行っているので、購入予定がない方にもおすすめです。

お気に入りの一着で、思い出に残る成人式を迎えてくださいね。
京都きもの友禅を見てみる

TOP