成人式の振袖準備ガイド

  • 私の振袖は地味?お下がりでも小物や髪型を変えるだけ華やかにできる

私の振袖は地味?お下がりでも小物や髪型を変えるだけ華やかにできる

「私の振袖は地味?」
「振袖が他の人からダサいと思われないか?」

人生に一度きりの成人式に着る振袖は、呉服店や振袖メーカーでレンタルする・購入する場合、そして家族や親戚のものを受け継ぐ方法があります。

家族や親戚の振袖を受け継ぐ場合、時代や流行が違うことから「地味なのでは?」と感じる方や周りの人から「地味ではないか?」と言われることもあるかと思います。

そこで、今回は地味な振袖の特徴やおしゃれに着こなすコツを紹介いたします。

柄の少ないものや無地の振袖は地味にみられる

お下がりの振袖を成人式で着る場合、地味なのでは?と不安になったり、周りの人からの印象が気になったりすることは少なくないと思います。
ですが、そのような悩みを抱えた方に見受けられる振袖のほとんどは地味ではないと思われる傾向にあります。実は、自分が思うよりも地味ではないという周りの評価の方が多いのです。

では、なぜ地味に見えてしまうのでしょうか?
それは、振袖本体だけを見てしまうからです。
ここでは本体だけ見れば地味に見えてしまうものをご紹介します。
ただし、ここに挙げたデザインの振袖でも必ずおしゃれに着こなすことができますので、ご安心ください。

無地の振袖

無地の振袖は、他の柄の多い振袖と比べるとシンプルな印象を与えてしまいます。
しかし、派手な柄の振袖に比べれば地味に見えてしまうだけで無地な色で成人式に出席する人は一定数いるので、不安になる必要はありません。

無地の振袖でも小物や髪型を工夫することでおしゃれにすることができます。
その具体的な方法は後述します。

柄の少ない振袖

現在呉服店や振袖メーカーで売られている振袖と比べ、ご家族の振袖の時代のものは、色数が少なかったり、柄が全面的にあしらわれていなかったりするものもあります。

色使いも現代風の振袖と比べると、よくいえば品がよく、悪くいえば地味なものが多いです。こうした点から「地味で嫌だな」と思う人もいるのではないでしょうか。

無地なものと同じく、柄が多くあしらわれているものと比較すれば地味に見えてしまうかと思います。しかし、柄の少ない振袖であっても小物や帯の色を鮮やかにすることでおしゃれにすることができます。

【おしゃれにする方法①】着物を直す

傷みを直す

洋服でも同様ですが、まずは振袖の傷みや汚れをチェックしてみましょう。もし傷みや汚れがある場合は、すべて直しておきましょう。専門店に依頼すれば、シミや汚れもきれいに落としてもらえますし、柄の色あせなどもお直ししてもらえます。

サイズを直す

レンタルではできないメリットが、サイズの仕立て直しです。着物は着る人に合わせて、着付けでサイズ調整ができるものではありますが、本人にぴったりのサイズであれば、やはりよりすっきり着こなすことができるもの。

こちらも呉服店などに依頼をしておこないましょう。
例えば京都きもの友禅の「ママ振袖」というサービスでは、店舗に振袖を持っていくことで専門のアドバイザーの方に状態を確認してもらうことができます。専門的なアドバイスによって、新たに見つかる点もあるかもしれません。

【おしゃれにする方法②】着物以外の部分をアレンジする

帯を新調する

実は、振袖自体には、あまり大きなデザインの流行はないものです。ベーシックなデザインのものは、いつの時代も存在するものです。振袖よりも流行が見られるものが、小物類です。特に、パッと目につく帯は、着付けの印象にも強く関わります。

帯を新調するだけでも、お下がりの振袖である雰囲気が薄まり、ぐっと現代風の着こなしにつなげることができます。

小物を新調する

帯のほか、半衿や帯締めなど、ほかの小物類の新調もおすすめです。特に半衿は、昔は白い無地のものが多かったところ、現代では色柄ものが増えてきている変化のあるアイテムです。

現代では振袖写真を撮るときに、バストアップの写真も多く撮影するため、半衿の存在感も大きいです。ぜひ、お気に入りの半衿を見つけてみてください。

また、成人式の振袖といえば、首元にふんわりとかかるファーのショールですよね。こちらも、お下がりのものと今のものとでは、ボリュームが異なります。こうしたものを新調することで、華やかな雰囲気に仕上げることができるでしょう。

こうしたお直しや小物類の新調は、呉服店やレンタル店でも相談を受け付けています。

先ほどの京都きもの友禅の「ママ振袖」では、実際に小物のアドバイスもしていただけます。伝統的なものから最新の流行小物まで取り揃えているので、おすすめです。
小物類は1点から購入が可能なので、必要なものだけ新調できるのもうれしいポイントですよ。

【おしゃれにする方法③】髪型・メイクを今風にする

ヘアスタイルやメイクも時代によって、流行が異なるものですよね。髪飾りも、今風の華やかなものを用意して、今風のヘアメイクをしてもらいましょう。その時に、振袖との相性が良いヘアスタイルにすると今風の髪型にすることができるでしょう。

美容師は今風のヘアアレンジ・メイクに詳しいものです。事前に相談に訪れられるところも多いため、「こんな雰囲気にしたい」といった打ち合わせをしておくと当日も安心です。

画像を今風にする

現代では、成人式よりも前に、前撮り写真を撮影する人が多いです。このときに、唐傘や手まりといった華やかな小物と一緒に撮影する、背景を色鮮やかなものにするといった工夫をすることで、色味がシンプルな振袖でも、素敵な写真を撮ることができるでしょう。

振袖が地味でもアレンジ次第で派手にできる

いかがでしたでしょうか?今回の記事のおさらいをしましょう。

  • 無地の振袖や柄の少ない振袖は地味にみられる傾向にあるが、小物や髪型でおしゃれにすることができる。
  • 振袖を地味でなくする方法として、「着物を直す」「着物以外をアレンジする」「髪型・メイクをアレンジする」の3つがある。

振袖をただ見ているだけでは、「地味だなあ」と思ってしまいがちなお下がりの振袖です。しかし、実際に羽織ってみると全然地味ではなかったり、小物類の組み合わせ次第で、華やかなイメージの着こなしが可能になったりするものです。

誰とも被らないオリジナルな着こなしで、素敵な成人式の日を迎えてくださいね。

TOP