成人式の振袖準備ガイド

  • この色を着たい!白の振袖の魅力とデザインについて

この色を着たい!白の振袖の魅力とデザインについて

「白い振袖に合うコーディネートが知りたい」
「白の振袖の参考画像を見たい」

成人式の振袖は、色によってガラリと印象が変わるものです。白い振袖は清楚な印象を与えてくれます。また、白い振袖はお肌を明るく綺麗に見せてくれます。
絵柄や合わせる小物によって印象が変わるのもシンプルな白ならではの良いところですね。
ここでは、白い振袖を柄やイメージ別に紹介していきます。
また、振袖の印象や、似合うメイクや髪型も紹介していきます。
京都きもの友禅を見てみる

白の振袖の魅力とは?


まずは、白の振袖の魅力についてご紹介しましょう。

クールでカッコいい着物姿が作れる

白は、クールな印象を与える色。その白さを引き立てる、華やかな赤や金などの色と組み合わせると、クールでカッコいい着こなしをすることができます。

モードで個性的な着こなしができる

白はまた、モードで個性的な着こなしができる色でもあります。おすすめは、黒やグレーなどの無彩色と組み合わせること。現代風の柄である百合や薔薇などの洋花の柄や、幾何学模様を使った柄を選ぶと、さらにモード感がアップします。

清楚で上品なイメージになる

白の振袖はまた、青や紫などの上品なイメージの色と組み合わせると、その清楚さが引き立ちます。新成人を祝う日にふさわしい品格を表現できるのも、魅力のひとつです。

色白の肌を引き立てる

白は、光を反射する色です。そのため、白い服は肌をきれいに引き立ててくれるという嬉しい特徴があります。一生に一度のハレの日、友人や家族と記念写真などもたくさん撮ることでしょう。そんなときに、肌を引き立ててくれる白い振袖はぴったりです。

白の振袖デザイン

続いて、白の振袖のデザインについていくつか代表的なものをご紹介します。

古典柄

白の振袖の代表的なデザインは「古典柄」です。古典柄というのは、昔ながらの伝統的な柄のことです。代表的な柄は、桜や梅、菊、牡丹などの昔ながらの花を使ったもの、鶴や亀、松竹梅、花喰鳥などのおめでたいモチーフを使ったもの、御所車や雪輪などの古くから愛されてきたモチーフを使ったものなどです。

古典柄は、格式の高い柄になります。そのため、成人式にはぴったりの柄であるといえるでしょう。上品な白の振袖にあしらわれると、その格式の高さがさらに強調されます。ぜひ、チェックしておきたい柄のひとつです。

モダン柄

モダン柄というのは、現代的な柄のことです。たとえば薔薇や百合などの洋花を使ったものや、水玉やストライプなどの幾何学模様を使ったものなどが、例として挙げられます。今っぽい雰囲気で振袖を着こなしたい人におすすめの柄です。

古典柄の振袖は、胸元の模様はすっきりしていて、裾にいくにつれて模様が華やかになる傾向があります。

しかし、モダン柄の中には、全体に均一に模様が入っていて、ワンピース感覚でコーデできるものがあります。成人式の振袖としては、ややカジュアルに感じられるかもしれません。そんなときは、白のモダン柄の振袖を選ぶと、白の上品さで全体の品格もアップします。

レトロ柄

古典柄ほど伝統的な柄ではない。かといってモダン柄と呼ぶにはちょっと懐かしい、アンティークな雰囲気がする。そんな柄が、レトロ柄です。いわゆる大正ロマンを連想させるような、ちょっと個性的な色使いや模様などが特徴です。

大正時代は、海外からアール・ヌーヴォーやアールデコが入ってきて人気になった時代です。その影響を受けて、着物の色や柄にも西洋っぽさが取り入れられるようになりました。そんな時代をモチーフにしたレトロ柄は、和柄だけれど洋風の色使い、洋風の柄なのに和風の色使いなど、和洋折衷の雰囲気が個性的です。

白は和柄にも洋柄にも相性がよい色。白の振袖は、和洋折衷のレトロ柄によく合います。

白の振袖に映える色は?帯や小物のコーデにおすすめカラーはこれ!

続いて、白の振袖によく映える色を紹介します。帯や小物のコーディネートの参考にしてください。

お祝い感たっぷりの「赤」

白と赤は、相性抜群。紅白の組み合わせはおめでたい組み合わせとしてよく使われます。もちろん、成人式の振袖のコーディネートとしてもふさわしい組み合わせです。

優しい印象になる「ピンク」

ふんわりした印象のピンクと白も相性ぴったり。白とピンクの組み合わせの振袖は、成人式の振袖の中でも人気があるもののひとつです。甘く優しい雰囲気が、新成人の初々しさを引き立てます。

フレッシュさが魅力の「黄緑」

フレッシュな印象を出すなら、ビタミンカラーである黄緑との組み合わせもおすすめです。若葉を思わせる黄緑は、新成人にもぴったり。元気いっぱいの健康的な印象で着こなすことができます。

元気な印象の「黄色」

白と黄色も、元気でフレッシュな印象を与える組み合わせです。ただし、どちらも膨張色なので、小物とのコーディネートによっては、全体的にふわっとしすぎた印象になることも。帯揚げや重ね衿(伊達衿)、半衿など上半身に使う小物に、別の色を差し色として加えると、印象を引き締めることができます。

しっとり上品な「紫」

ノーブルな印象を与える紫と白の組み合わせは、とても上品な印象を与えます。大人っぽい雰囲気の人におすすめの組み合わせのひとつ。落ち着きすぎないよう、華やかな色のワンポイントを加えて若々しさを演出するとよりよいでしょう。

モダンな印象になる「黒」

白と黒も相性がよい組み合わせ。モダンな雰囲気が出るので、特にモダン柄の振袖を着たい人は、要チェックの組み合わせです。ただし、白と黒だけでは地味になってしまうこともありますので、柄や小物に金や赤など華やかな色も加えるようにするとよいでしょう。

ゴージャスに着こなすなら「金」

白と金の組み合わせは、とてもゴージャスで上品な印象。成人式にふさわしい華やかさと、品格漂う組み合わせです。黄色と組み合わせるときと同じように、小物などに差し色になるようなはっきりした色を足すと、全体的な印象が引き締まりやすくなります。

こんなコーディネートがおすすめ

続いて、白の振袖におすすめのコーディネートを紹介します。

白の振袖に似合う髪型~黒髪を生かした髪型でクラシックに

上品な白の振袖に似合う髪型は、上品なヘアスタイルです。髪色は黒髪もしくは黒に近い濃い色がおすすめ。髪が振袖の白を引き立て、振袖の白が髪の黒さを引き立てて、大人らしいしっとりとした雰囲気を出すことができます。

特に古典柄を着る場合は、髪の色とアレンジをクラシックにまとめると、全体的にしっくりきます。

モダン柄などの遊び心ある振袖の場合は、髪の色やアレンジで遊ぶのもあり。ヘアメイクの打ち合わせのときには、当日着る振袖の写真を見せ、着こなしたいイメージを、できるかぎり詳しく話しながら相談すると、納得できるヘアアレンジになりやすいですよ。

白の振袖に似合うネイル

白の振袖に似合うネイルは、清楚なナチュラル系。特に古典柄の振袖の場合は、振袖の伝統的な印象を損ねないよう、ネイルは控えめにしておいたほうがよいでしょう。

幾何学模様を使ったモダン柄、個性的な色使いのレトロ柄を着るときには、ネイルも振袖に合わせて遊んでOK。振袖の柄や色に合わせたネイルアートをほどこしたり、ラインストーンなどで華やかさをプラスしたりなど、自分らしいネイルを楽しんでください。

白の振袖に似合うメイク

白の振袖に似合うメイクも、柄によって違います。古典柄なら、上品で色味も控えめなメイクがふさわしいでしょう。レトロ柄、モダン柄の場合は、振袖の柄や小物に合わせて、はっきりした赤などの華やかな色を使っても馴染みます。

幾何学模様などを使ったモダン柄の白の振袖なら、目力たっぷりのアイメイクが似合う場合も。振袖の写真を見せながら、美容院などで事前の打ち合わせを行っておきましょう。

白の振袖に似合う髪飾り

白は、どんな色とも相性がよい色です。そんな白の振袖に合わせる髪飾りを選ぶときには、振袖の柄や、帯揚げなどの小物に使われている色に注目します。たとえば、白地に赤い柄が入っている振袖であれば、赤系統の髪飾りを合わせるのが基本です。

逆に「この髪飾りが気に入ってつけたい」という希望がある場合は、振袖全体のコーデをするときに、髪飾りと同じ色を小物などに取り入れておくようにするとよいでしょう。

古典柄やレトロ柄の白の振袖には、つまみ細工などの伝統的な印象の髪飾りを、モダン柄には洋花のモチーフを使った髪飾りを使うと、振袖と髪飾りの印象が近いので比較的しっくりまとまりやすくなります。

白の振袖のコーデに悩んだら「京都きもの友禅」へ!

白の振袖のコーディネートについて、大まかなポイントを紹介しました。しかし、慣れない和装のコーディネートには、悩むことや戸惑うことも多いでしょう。そんなときは、振袖専門店での下見の際に、担当者にどんどん相談することをおすすめします。

なかでも、「京都きもの友禅」(http://www.kyotokimonoyuzen.co.jp/ )は、顧客総数50万人を超える振袖レンタル・販売店。振袖選びはもちろん、合わせる帯や髪飾りなどにもアドバイスをしてくれます。

成人式の振袖選びやコーディネートに悩んだら、こういった専門スタッフの知識やアイデアをどんどん聞いて、参考にしましょう。

まとめ

白の振袖の魅力や色の組み合わせ、コーディネートのポイントについていくつか紹介しました。ここで紹介したのは、あくまで一般的な基本の話です。

特にコーディネートは、選んだ振袖の柄や着る人の雰囲気などによって、似合うかどうかが変わりますので、振袖専門店やヘアメイクの担当者としっかり相談して決めるとよいでしょう。清楚で上品な白の振袖で、素敵な成人式を迎えてください。
京都きもの友禅を見てみる

TOP