成人式の振袖準備ガイド

  • 【白地の振袖画像8選】誰でも着こなせるコーディネートのコツも紹介

【白地の振袖画像8選】誰でも着こなせるコーディネートのコツも紹介

「白い振袖が自分に似合うか不安だな…」
「白い振袖にはどんなデザインがあるのか見てみたい」

白い振袖が魅力的だと感じていても、体型や肌の色によっては着こなすのが難しそうだと思っている人は多いようです。

しかし、本当はカラーコーディネートの幅が広いため、工夫次第で様々な印象の振袖姿を演出してくれます。

この記事では、画像とともに様々な白の振袖を「色の組み合わせ」と「柄」別で紹介していきます。

また、白い振袖のコーディネート方法やおすすめの着物専門店についての情報も紹介するので、自分に合う振袖を探す際に、ぜひ参考にしてみてください。

白い振袖を見てみる

白の振袖一覧【色の組み合わせ別】

白い振袖は肌が白く細身の人のほうが着こなしやすいと言われていますが、振袖自体の色の組み合わせや小物とのコーディネート次第で、いくらでも自分に似合う着こなしにすることができます。

中でも白と合わせるのに相性が良くて人気な色は、紫・赤・青・金・黒です。

以下では、人気6色でカラーコーディネートされた白い振袖の魅力や特徴を、画像とともにそれぞれ紹介していきます。

白と紫の振袖

白と紫の振袖
深みのある紫と白のコントラストが上品な布地に、ピンクと黄色の花々がふんだんに描かれた一着です。

そこに、色彩の華やかさと縁起のよさから古くから人々に愛されている「手まり」がさりげなく描かれています。

この振袖は肩や裾のあたりに濃い色を取り入れることで、スリムに見せてくれる効果があるので、膨張してしまうのが心配な方にもおすすめです。

白と赤の振袖

白と赤の振袖
鮮やかな色合いの牡丹、菊、桜の花々が沢山描かれた、パッと目を引くような華やかな印象の振袖です。

白地の割合が大きい振袖ですが、帯揚げや袖、裾に、暖色系の色を加えているので肌の色がイエローベースの方にも比較的なじみやすいです。

白と青の振袖

白と青の振袖
裾に鮮やかなブルーと扇柄を取り入れた、まるで美しい海を表すような振袖です。

金銀箔で加工された立体的な花々は華麗さをプラスし、黒い帯と濃いピンクの帯締めは全体の淡い雰囲気にメリハリをつけています。

この振袖のように、パステルカラーを使用していたり、寒色系の色を基調としているものは肌の白い人にピッタリです。

白と金色の振袖

白と金色の振袖
振袖全体に大きな金縁刺繍の和花と竹の柄をあしらい、帯も振袖の雰囲気に合わせて金に統一しています。

白と金と、澄んだ空のような鮮やかな青色の3色でまとめ、髪飾りに指し色としてピンクを加えることで大人っぽさを演出しています。

白と黒の振袖

白と黒の振袖
桜や菊の花に加えて、珍しい松竹梅の和柄を全て取り入れた、「和」の雰囲気が漂う一着です。

黒やオレンジにもなじみやすい、少しクリームがかった白を使用しているため、こちらの振袖はむしろイエローベースの方に良く似合います。

白の振袖一覧【柄別】

次に、白い振袖で特に人気を誇る、古典柄・シンプルな柄・レトロな柄のものを紹介していきます。

古典柄の白い振袖

古典柄の白い振袖
白地に朱色の柄で統一した、可愛さと清楚さを持ち合わせた伝統的な古典柄の振袖です。

そこに紫の帯締めと髪飾りを加えることで、エレガントな雰囲気にコーディネートしています。

帯や裾に柄を斜めのラインを描くことで、シャープに見せているのが特徴です。

シンプルな白い振袖

シンプルな白い振袖
薄紫、黒でまとめた、上品で落ち着いた着姿にしたい人におすすめの振袖です。

半襟と帯、裾に黒を取り入れることで引き締まった着こなしにしているので、膨張して見えてしまう心配はありません。

シンプルな振袖についてもっと知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。
シンプルな振袖が地味で目立つは嘘!実は魅力的に着こなせる3つの理由

レトロな白い振袖

レトロな白い振袖
今、流行りのレトロ柄の振袖です。レトロ柄は、ポップで個性的な自分を演出することができます。

白地の振袖ですが、暖色系のカラーで描かれた花が振袖全体に多く散りばめられているので、肌が白くない方にもなじみます。

また、細身で背の高い人はこのような大きくはっきりした色で目立つ柄でも美しく着ることができるのでおすすめです。

白い振袖にはどんな髪色や髪型が合うの?

白い振袖に似合うヘアスタイルは、暖色系なのか寒色系なのかによって似合うヘアスタイルが決まります。

寒色系の場合

寒色系の振袖に似合う髪型
青や緑、等の爽やかさを感じる色の振袖の場合は上品なヘアスタイルが良く似合います。

髪色は黒髪もしくはこげ茶色がおすすめです。そうすることで、振袖の白が髪の黒さを引き立てて、大人らしいしっとりとした雰囲気を出すことができます。

また、アレンジしすぎずにシンプルな編み込みでまとめ、清楚な髪型にしましょう。

暖色系の場合

暖色系の振袖に似合う髪型
赤や黄色、オレンジなど、暖かさを感じる色の場合は、可愛らしく活発な雰囲気のヘアスタイルがおすすめです。

髪色は茶髪や明るい色が振袖になじみます。

髪型は逆毛をたててボリュームを出したり、お団子ヘアにしてみると華やかさや女性らしさを増すことができます。

白い振袖のコーディネート方法

ここでは白い振袖に合わせる小物やネイルを紹介していきます。

白い振袖は、コーディネート次第で自分の思い通りの振袖姿にすることができるので、小物にもこだわってみることをおすすめします。

白の振袖に合う小物


白の振袖には、濃い色の帯が似合います。どんな色の組み合わせにもなじみやすい黒や金の帯が多い傾向があります。

振袖の布地が白の場合、どうしても白の性質上ふくよかに見えてしまう可能性があります。そこで濃い色の帯を選ぶことで、引き締まった印象にすることができます。

草履・バッグ


白以外の色で自分の振袖に使われている色を選びましょう。

白の草履やバッグを選んでしまうと、せっかくコーディネートのアクセントになるはずの小物が振袖と一体化してしまいます。

ただし、シンプルでまとまった着姿にしたい場合は、あえて白を選ぶのもおすすめです。

ネイル


白の振袖には、基本的にパステルカラーや薄ピンクなどの肌なじみのよい色が合います。

特に、シンプルな振袖や古典柄の振袖の場合は、振袖の雰囲気を損ねないよう、ネイルは控えめな色柄にしておいたほうがよいでしょう。

幾何学模様を使ったモダン柄、個性的な色使いのレトロ柄を着るときには、ネイルも振袖に合わせたネイルアートをほどこしたり、ラインストーンなどで華やかさをプラスしたりなど、自分らしいネイルを楽しみましょう。

白い振袖を探すなら「京都きもの友禅」がおすすめ

ここまで、様々な白い振袖を紹介し白の振袖コーディネートについて解説しました。しかし、慣れない和装のコーディネートには、悩むことや戸惑うことも多いでしょう。

そんなときは、着物専門店に足を運んでみてスタッフに相談することをおすすめします。

なかでも「京都きもの友禅」なら、業界最大数の品揃えの中から白い振袖を選ぶことができるので、きっと自分に合う白い振袖を見つけることができます。

更に、お気に入りの振袖を見つけたら、着物の専門知識をもったスタッフにアドバイスをもらいながら合わせる小物を決めていくことができるので、納得いく振袖姿にすることができるでしょう。

また、頻繁に「新品振袖のオーダーレンタル」「SALEで高品質な振袖を安く手に入れられる」などのお得な限定企画を行っているようなので、ぜひ一度公式サイトを見てみてはいかがですか?
京都きもの友禅を見てみる

まとめ

最後に、この記事のポイントをおさらいしましょう。

  • 白い振袖は肌の色や体型にかかわらず、振袖の色柄やコーディネート次第で誰でも着こなすことができる
  • 寒色系の白い振袖には暗い色、クリームのような暖色系の白い振袖には茶髪や明るい髪色が合う
  • 白い振袖には濃い色の帯が合うと引き締まっておすすめ
  • 草履やバッグは白以外の色で自分の振袖に使われている色で合わせ、ネイルはパステルカラーや薄ピンクなどの色が馴染む
  • 白い振袖を探すなら業界最大級の品揃えの「京都きもの友禅」がおすすめ

白い振袖は様々な色の組み合わせがあるうえにコーディネートの幅も広いため、必ずしも細身で肌が白い方にしか似合わないなんてことはありません。

むしろ、工夫次第でどんな方でも自分にピッタリの振袖姿にすることができます。

ただし、本当に自分に似合うかどうかは実際に試着してみないと意外と分からないものです。カタログなどでなりたいイメージを考えたら、まずは信頼できる着物専門店に行ってみるのが良いでしょう。

納得のいく振袖姿で、素敵な成人式を迎えてくださいね。

【8年連続振袖売上NO1】「信頼できる」京都きもの友禅



  • 全国3300の写真館と美容院と提携
    ・高品質がお手頃価格で手に入る!
    無料小物11点プレゼント付き
    ・クリーニング返却不要!

京都きもの友禅に行ってみる

【関連記事】
振袖には何色がある?人気5色と失敗しない色選びの方法3つ
振袖の色柄もう決めた? レンタル振袖の人気カラーランキング
【振袖レンタル・購入の料金相場】最適なお店選びの4つのポイント

TOP