成人式の振袖準備ガイド

振袖はサイズの合ったものを着る!自分の体に合った振袖の選び方

「振袖にサイズはある?」
「自分はどのサイズの振袖を着ればいい?」

成人式で初めて着るであろう振袖についてわからないことがあるという方は少なくないと思います。
その中でも自分はどのサイズの振袖を着れば良いのだろうかと考える人もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、そもそも振袖にサイズはあるのか、サイズの測り方、体型にあった振袖の選び方を紹介いたします。

振袖のサイズを決定する3つのポイント

振袖には、一般的な洋服と同じく、サイズがあります。
ただし、洋服とはチェックしなければいけない項目が違います。

洋服の場合、肩幅や首回りなどがサイズを決める要素になりますが、振袖の場合2つのポイントを測る必要があるのです。
それが、「身丈」・「裄丈」です。

それぞれがどこのことを表しているのか・どうやって測るのかを説明いたします。

身丈の測り方

身丈とは、仕立て上がりの着物の長さで、背中の中心の衿から裾までの長さを意味します。つまり、着物の一番長い部分になります。女性が着用する着物の場合は、着付けたときに長く感じる分を、腰部でたくしあげたところが「おはしょり」になります。このため、「おはしょり」の分を含めて身長=身丈が一般的です。
おはしょりは、5~6cmくらいあるとよいでしょう。

振袖は、女性の平均的な身長に合わせて150~165cmのサイズの身丈のものが多くあります。

測り方としては、首の付け根にあるぐりぐりと触れる骨(頸椎点)から足のくるぶしまでを一直線にして測るとよいでしょう。

裄丈の測り方

裄丈とは、腕の長さのことを言います。
振袖でいうところの背中の中心から袖口までの長さを指します。

衿丈は、まず腕を斜め45度にして、身丈を測る時と同じ首の付け根にあるぐりぐりとする骨(頸椎点)から肩までを一度測ります。そのあと、肩を起点に手のくるぶしが少し隠れるくらいまでを測ります。

体型別のサイズの選び方

身長の高い・低い方は袖丈をチェック

背の高い・低い方は、袖丈に気を遣うことによってバランスのよい振袖を着ることができます。
袖丈とは、袖の一番上の袖山と言われるところから下がっていった先(たもと)までのことを言います。

背の高い方は袖丈をそのままにすると短くなってしまうので、少し長めにするとよいでしょう。

一方、背の低い方は袖丈を少し短めにすることでバランスのよい振袖にすることができます。

ただし、好みや他の丈との関係もあるので決まりというものはありません。

グラマーサイズの方は「身幅」をチェック

標準的な体型でも胸のサイズが少し大きめ、または全体的にふくよかな体型という場合もあります。この場合は、身幅つまり前幅と後幅で調整しましょう。
前幅は、振袖の前部分の脇腹の縫い目から腹までの長さで、後ろ幅は脇腹の縫い目から腰の真ん中あたりのことを指します。

その前幅は22~24cm、後幅は28~30cmが標準の仕立て。幅が長めのものを選ぶと、少しゆとりのある着付が可能です。

ネットレンタルでのサイズチェックは注意が必要

最近では、振袖を呉服店や振袖メーカーの店舗でチェックしてからレンタル・購入するのではなく、ネットでレンタル・購入される方がいらっしゃるようです。

ネットでのレンタルの際にサイズが記載されていますが、その情報だけで選ぶのはあまりおすすめできません。

その振袖がご自分あるいは娘さんのサイズに必ずしもあっているとは限りません。先ほどご紹介いたしましたように、様々な場所を測る必要があります。自分の測ったものだけで判断することはやめた方が良いでしょう。

また、振袖は多くの方がそのデザインを軸に選ばれることが多いです。ネットの写真だけだ判断するのではなく、実際に見たり、試着したりすることが必要です。

ネットでレンタルを検討されている方は、その情報だけを頼りにしてレンタルすることは避けて、もしサイズが違った時のサービスがあるかどうかなどをチェックしておきましょう。

振袖を自分サイズにするにはお直しをする

成人式に合わせてお気に入りの振袖を購入したなら、ぜひ長く振袖を楽しみましょう。振袖を含めた和装は、仕立てる際に縫い代を多めにとることで、後で2~3cm伸ばすことが可能になっています。思い出深い振袖は、お仕立て直しや部分的なお直しでさらに大切に着ることができます。

振袖をお仕立て直し&お直しする予算

振袖のお仕立て直しは、一番時間がかかると予想されますが、予定日数は専門店にもよります。目安は3週間から1か月、予算は約3万5000円~6万円程度です。身幅や身丈は、お直し期間が約10日~2週間必要ですが、費用は約1万5000円~2万円が相場です。

振袖や和服の扱いになれている方は、普段着用するお着物であれば、ご自分でもお直しが可能かもしれません。しかし、振袖の場合には、柄によってはお直しの仕方で柄がつながらなくなることもあり、着物の生地を傷めないためにも専門店でのお直しをおすすめします。

気になる体型に合わせて直すことができる

ウエストサイズや、バストサイズが変わったときに直したいのは、身幅です。一般的な仕立ての場合は1.5~2cmほど引き出せるので、合わせて3~4cm伸ばせることになります。

また、着用したいお着物が長いときは、おはしょりで調整できますが、振袖が短い場合は着丈を伸ばす調整を行いましょう。縫込みを出して裾や肩で調整します。譲っていただいた振袖などをお直しする場合におすすめの方法です。

自分のサイズにあった振袖を着る

いかがでしたでしょうか?今回の記事のおさらいをしましょう。

  • 振袖にも必ずサイズがある。
  • 振袖のサイズは、身丈や衿丈・袖丈から決められる。
  • 体型によって、丈を長くしたり、短くしてアレンジすることでバランスの良い振袖を着ることができる。
  • ネットで振袖をレンタルするのは、サイズの情報だけを見てレンタルするのはおすすめしない。
  • 自分サイズに振袖のお直しをすることで、自分に合った振袖にすることができる。

人生に一度きりの成人式に着る振袖です。周りの人からサイズが合ってないというような印象を与えないようにしましょう。

そこで、実際に呉服店や振袖メーカーの店舗に行ってお気に入りの振袖を決めることをおすすめします。
京都きもの友禅の店舗では、専門のスタッフが要望をもとにアドバイスをしてくれ、しっかりと身丈や衿丈・袖丈を測っていただけます。

是非とも、お気に入りの振袖で成人式を迎えるために足をお運びください。

TOP