成人式の振袖準備ガイド

  • 振袖のサイズの選び方は?測り方やサイズが合わない時の対処法も解説

振袖のサイズの選び方は?測り方やサイズが合わない時の対処法も解説

「自分はどのサイズの振袖を着ればいいんだろう」
「振袖のサイズが合わない場合はどうしたらいい?」

成人式で初めて振袖を着る人は非常に多く、そのサイズについて詳しく知っている人は少ないです。

しかし振袖をきれいに着こなすためには、ご自身にピッタリのサイズの振袖を着ることが非常に大切になってきます。

今回は、振袖のサイズの選び方や測り方、サイズが合わない場合の対処法を紹介いたします。

京都きもの友禅を見てみる

振袖のサイズの選び方・測り方

振袖のサイズを測る様子
振袖のサイズを決めるときに重要な要素となってくるのは「身丈」「裄丈」「袖丈」です。

振袖のサイズは洋服より大まかですが、この3つのポイントを測って、サイズ表をもとに適切なサイズの振袖を選びましょう。自分ひとりで測るのは難しいため、他の人に測ってもらうと良いでしょう。

サイズの測り方の2つのポイント【身丈・裄丈】

(1)身丈は身長とおはしょりを足した長さ

身丈とは、仕立て上がりの着物の長さで、背中の中心の衿から裾までの長さを意味します。つまり、着物の一番長い部分になります。

女性が着用する着物の場合は、着付けたときに長く感じる分を、腰部でたくしあげたところが「おはしょり」になります。

このため、おはしょり(5~6cm)の分を含めた身長=身丈が一般的です。

【身丈の測り方】
首の付け根にあるぐりぐりと触れる骨(頸椎点)から足のくるぶしまでを一直線にして測りましょう。

(2)裄丈は腕の長さのこと

裄丈(ゆきたけ)とは、腕の長さのことを言います。振袖でいうところの背中の中心から袖口までの長さを指します。

適切な長さは「手のくるぶしが隠れるくらいの長さ」とされています。

【裄丈の測り方】
  1. 腕を斜め45度にします
  2. 身丈を測る時と同じ首の付け根にあるぐりぐりとする骨(頸椎点)から肩までを一度測る
  3. 肩を起点に手のくるぶしが少し隠れるくらいまでを測る

振袖の標準的なサイズの目安

標準的なサイズの目安はこのようになっています。

サイズ 身長 バスト 身丈 裄丈 袖丈
S 146~150cm 93cm 148cm 62sm 102cm
M 151~156cm 96cm 154cm 64cm 106cm
L 157~162cm 98cm 160cm 66cm 112cm
LL 163~168cm 100cm 166cm 68cm 112cm

しかし、サイズの基準は着物専門店によって異なってしまいます。振袖を購入するお店の正確なサイズを把握しておくと良いでしょう。

振袖を扱っているお店でサイズを測ってもらうのがベスト

ご紹介した、身丈や裄丈以外にもヒップや肩幅などピッタリとした振袖を選ぶために、測らなければいけない部位がたくさんあります。それらを全て自分たちでやるのは、大変です。

そこで、おすすめしたいのが振袖を扱うお店での計測です。先ほども紹介しましたように、振袖店によって、サイズの対象範囲は異なっています。

ですので、振袖をレンタル・購入するお店に行って測ってもらうのが一番良いでしょう。

【サイズがない・標準サイズに合わない人向け】京都きもの友禅『振袖My Size』

数ある振袖店のなかでも、大手振袖店の京都きもの友禅には『振袖My Size』というブランドがあります。

振袖My Sizeなら、一人ひとりの体型に合わせてお仕立てをするので

「すらっと手足が長いため、丈や裄(ゆき)の合うものが見つからない」
「小柄なため、ピッタリの振袖になかなか出会えない」

とお悩みの女の子におすすめです。

確実に振袖をきれいに着こなせるうえに、柄も美しく配置されるというメリットがあります。

是非一度、最寄りの店舗にてご確認ください。

振袖mysize
『振袖My Size』を見てみる

振袖のサイズ直しをするための2つの方法

ご家族の持っている振袖を受け継いで成人式で着用する場合には、自分のサイズに適したものにするためにサイズ直しが必要になります。

振袖を含めた和装は仕立てる際に縫い代を多めにとることで、後で2~3cm伸ばすことが可能になっています。そのため、思い出深い振袖は、お仕立て直しや部分的なお直しでさらに大切に着ることができます。

サイズ直しには主に2つの方法があります。

【方法(1)】仕立て直し

仕立て直し
仕立て直しとは、仕立てあがっている着物をいったん解き、洗い張りをしてもう一度仕立て上げることをさします。

一度すべての仕立てた縫い目の糸をほどきますので、仕立て直す際にサイズを変えることも可能です。

振袖のお仕立て直しの予定日数は専門店にもよりますが、目安は3週間~1か月とかなり時間がかかります。

予算は約3万5000円~6万円程度です。

【方法(2)】寸法直し

寸法直し
身長や手の長さが違う場合や体形が変わった場合に、部分的に寸法を詰めたり広げたりするのが寸法直しです。

部分的にお直しをするだけでなく、全体的な汚れを落とすこともでき、仕立て直すときにしみを隠すこともできます。

身幅や身丈は、お直し期間が約10日~2週間必要となり、費用は約1万5000円~2万円が相場です。

また、振袖や和服の扱いになれている方は、ご自分でもお直しが可能かもしれません。

しかし、振袖の場合には、柄によってはお直しの仕方で柄がつながらなくなることもあり、着物の生地を傷めないためにも専門店でのお直しをおすすめします。

まとめ|自分にピッタリのサイズの振袖を見つけるためには?

いかがでしたでしょうか?今回の記事のおさらいをしましょう。

  • 振袖のサイズを決めるときに重要な要素となってくるのは「身丈」「裄丈」「袖丈」
  • 「サイズがない」「標準サイズに合わない」という人には、一人ひとりの体型に合わせて仕立ててくれる、京都きもの友禅の『振袖My Size』がおすすめ
  • 仕立て直しの目安期間は3週間~1か月、費用相場は約3万5000円~6万円程度
  • 寸法直しの目安期間は約10日~2週間、費用相場は約1万5000円~2万円程度

人生に一度きりの成人式に着る振袖です。サイズ違いの振袖を着てしまうなんてことがないようにしましょう。

「京都きもの友禅」には、業界最大級を誇る豊富なサイズ・種類の振袖があります。

それに加えて、『振袖My Size』を利用すれば、一人ひとりの体型に合わせて仕立ててくれるので、必ずピッタリのサイズの振袖を手に入れることができますよ。

是非とも、お気に入りの振袖で成人式を迎えるために京都きもの友禅で振袖を探してみてはいかがですか?

京都きもの友禅を見てみる

TOP