成人式の振袖準備ガイド

  • ピンクの振袖で甘くかわいい成人式♪選び方やコーデのポイントは?

ピンクの振袖で甘くかわいい成人式♪選び方やコーデのポイントは?

 

かわいく初々しい雰囲気が漂うピンクの振袖は、成人式の振袖の中でも人気の色のひとつです。そこで今回は、ピンクの振袖の選び方やそのコーデのポイントなどについて紹介します。

ピンクの振袖は成人式の定番!

まずは、ピンクのイメージと、ピンクの振袖の魅力について紹介します。

ピンクは「甘さ」「かわいらしさ」「幸福感」「女性らしさ」を感じさせる色

ピンクがかわいらしく女性的な色とされるようになった理由は、18世紀フランスでの大流行があります。宮廷文化が花開いていたブルボン王朝の時代、美しさを競う貴婦人たちが、こぞってピンクのドレスや食器、家具などを使ったのです。ここから、ピンクは美しくかわいい女性の色である、というイメージが一気に定着していきました。

そして時代は下り、1950年代にアメリカで女の子らしい色としてピンクがブームになったのを受けて、日本でも「ピンク=甘くてかわいい、女の子らしい色」という印象が広がりました。

ピンクにはこのほかに、人の心を穏やかにする効果があるといわれています。かつては看護師といえば「白衣の天使」と呼ばれていましたが、現在では女性看護師が着るナース服はピンクが多く採用されています。これには、患者の不安を和らげ、穏やかな気持ちを与えたいという意味が込められています。

ピンクの振袖は成人式の定番!だからこそ、自分らしい着こなしを!

甘くかわいく、新成人の初々しさにぴったり合うピンクは、振袖の人気色のひとつです。ピンクの振袖はもちろんのこと、白とピンクの組み合わせの振袖も、とても好まれる傾向があり、振袖専門店には豊富な種類のピンクの振袖が用意されています。

しかし、人気ということは同時に、友人と色がかぶりやすいということでもあります。そこで重要なのが、自分らしい着こなしをすること。「人気だから」ピンクの振袖を着るのではなく、「私に似合うから」ピンクの振袖を着る、という気持ちで着こなしたい1枚です。

これで失敗なし!ピンクの振袖の選び方

ピンクと一言でいっても、薄いピンクと濃いピンクでは印象も変わります。自分に似合うピンクを選ばないと、幼い印象を与えたりや、なんとなく野暮ったい印象を与えることもあります。

手持ちのトップスなどで気に入っているピンクのものがあれば、その色を参考にして選んでみるとよいでしょう。パーソナルカラー診断を受けるなどして、自分に合うピンクはどんなピンクなのか、柄はどんな雰囲気が似合うのかなどを確認しておくのもおすすめです。

また、特にピンクは人気がある色のひとつなので、成人式の準備が始まる早い段階から、売買契約やレンタル予約が入ることが予想されます。

まだ成人式まで時間があるからと先延ばしにせず、京都きもの友禅(http://www.kyotokimonoyuzen.co.jp/)などの豊富な品揃えの店に早い時期から足を運び、下見や試着を行い、振袖選びをスタートさせることをおすすめします。

ピンクの振袖のおすすめコーデは?どんな色と組み合わせるとよい?

それでは、ピンクの振袖のおすすめコーデや、色の組み合わせについて、いくつか紹介します。

優しい雰囲気たっぷりのピンク×白

ピンクの振袖の優しい雰囲気を活かすなら、白との組み合わせがおすすめです。ピンク地に白の柄はもちろん、白地にピンクの柄もふんわり甘い雰囲気がたっぷり。成人式の振袖の中でも、定番の組み合わせのひとつでしょう。

どちらも淡い色なので、コーデするときには、帯や帯揚げ、帯締め、半衿や重ね衿(伊達衿)などの小物に濃い色をプラスすると、よいアクセントになるのでおすすめです。

ぱっと目を引く濃いピンク

桃色や鴇色、珊瑚色など濃いピンクの振袖には、ぱっと目を引く華やかさもあります。ピンクの中でも大人っぽい印象を与える色なので、落ち着いた柄のものを選ぶと、優しく上品にまとめることができます。ピンクの振袖をしっとり着こなしたいなら、濃いめのピンクのものを探してみてはいかがでしょうか。

華やかさに大人っぽさをプラス!ピンク×紫

大人っぽく着こなしたい人にもうひとつおすすめの組み合わせが、ピンクと紫の組み合わせです。紫は、ピンクに青みを加えた色です。ピンクのかわいらしさに青が持つ落ち着きが加わって、華やかながらも、大人っぽい印象のコーデをすることができますよ。

ピンクと相性ぴったり!差し色に緑を使う

個性的な印象を与えたいなら、小物に緑色を使ってみてはいかがでしょうか。緑は、ピンクとは補色、つまり正反対の色という関係にあります。振袖や帯の柄の一部に緑が入っているものを選んだり、帯揚げや、帯締めなどの小物に緑を使ったりすると、よいアクセントカラーになります。

ただし、あまり緑の分量が多いとかえって野暮ったい印象を与えることもありますので、気をつけてください。

ピンクの振袖にはどんなヘアメイクが似合う?おすすめネイルは?

最後に、ピンクの振袖コーデを完成させるヘアメイクや、ネイルについてご紹介します。なお、ここで紹介するのはあくまで傾向のひとつです。もっとも大切なのは、ピンクの振袖とそれを着る人の個性に合っているかどうかです。

ヘアメイクやネイルの打ち合わせ時には、自分が着るピンクの振袖の写真を持っていき、どんな雰囲気で着こなしたいかなどをしっかり話して、担当者がイメージをふくらませやすいようにするとよいでしょう。

淡いピンクには、ふんわり優しいベビーフェイス風

優しい印象の淡いピンクの振袖には、ふんわりしたベビーフェイス風のヘアメイクが似合います。毛先を遊ばせたり、ふんわりボリュームを持たせたりしたヘアアレンジに、白、赤、紫などピンクと相性のよい、華やかな髪飾りを合わせてみてはいかがでしょうか。

ネイルも同様に、控えめな色がマッチします。ネイルアートを入れたい場合は、振袖の柄に合わせた花柄・和柄がおすすめです。

濃いピンクにはモダンな印象のヘアメイク&ネイル

濃いめのピンクの振袖には、大人っぽいシャープな雰囲気のヘアメイクも似合います。艶っぽさを感じさせるようなメイクが似合う場合もあるので、振袖の雰囲気に合わせて楽しんでみてください。

ネイルも同様で、ナチュラル系はもちろん、赤や黒などのはっきりした色を使っても、しっくり馴染みやすくなることが多いです。振袖の柄に使われている色を選べば、青や緑などの個性的な色を使ったネイルもしっくりくるでしょう。

まとめ

ピンクの振袖の魅力やコーデ、ヘアメイクやネイルについて紹介しました。甘く優しいピンクの振袖は、「これぞ成人式の振袖!」という初々しい着こなしを楽しむことができます。一生に一度の成人式を、自分らしい、かわいく華やかなピンクの振袖で祝ってください。
京都きもの友禅を見てみる

TOP