成人式の振袖準備ガイド

  • 女子は成人式の服装に何を着るの?失敗しない選び方と着こなし方法

女子は成人式の服装に何を着るの?失敗しない選び方と着こなし方法

「振袖・スーツ・ドレスなど、成人式に何を着たらいいの?」
「成人式にスーツで出席しても浮いちゃわないかな?」

毎年女性は成人式の服装として振袖を着るのが定番です。しかし最近では、振袖以外にもスーツやドレスでの出席も増えてきました。一生に一度の成人式、服装で失敗しないためにもどんな服装で臨むべきなのか知っておく必要があります。

今回この記事では成人式と二次会に何が着られているのか、相応しい服装には何があるのか、その着こなし方も含めて紹介します。

成人式や二次会に出席する女性の服装は?

成人式には多くの人が振袖を着る

やはり成人式には振袖を着ていくのが定番です。毎年9割ほどの女性が振袖を着て参加しています。振袖にはさまざまな生地の色やデザインがあり、とても華やかな装いになります。成人のお祝いへのおめでたい式典にぴったりな服装です。

また袴や、紋付の色無地や訪問着など振袖以外の着物も礼装にあたるので、着用して出席することができます。

二次会の服装は会場次第で決まる!

二次会での服装は、開催される会場はどこか、またどんな雰囲気の場所なのかをきちんと把握することが大切です。しかし移動の大変さや汚してしまうリスクを考えると、どこの会場にしても振袖での参加は避けた方が良いでしょう。

まず、ホテルで行われる場合です。この場合、ホテルマナーもあるのでドレスアップする必要があります。多くの人がフォーマルなパーティードレスやワンピースを着て参加しますが、会場によってドレスコードが決まっている事もあるので確認しましょう。

次にレストランや居酒屋などで行われる場合です。レストランの場合、ホテルでの二次会よりも少しカジュアルな服装を選ぶのがおすすめです。きれいめなワンピースなどが適切でしょう。髪型は昼間の成人式のままで問題ありません。

居酒屋の場合は、それよりもさらにカジュアルな服装が良いです。私服で来る人がほとんどで、髪型もきちんとセットしていく必要はありません。

次に、成人式に出席する女性の振袖以外の服装の紹介です。

成人式の服装は、振袖以外にスーツやドレスも着られる

成人式に振袖を着ない女性の中では、ほとんどの人がスーツを着用します。
スーツ以外であればドレスワンピースなども選択肢の一つで、最近では着物をリメイクしたドレスも人気が高まっています。

成人式にスーツを着た場合のメリット・デメリット

ここで、スーツを着ることのメリット・デメリットを紹介します。

〇メリット

  • 準備に時間がかからず、お金もかからない
  • 成人式以外でも着る機会が多い
  • 移動しやすい
  • ヘアメイクが簡単
〇デメリット

  • 着物を着る機会を逃してしまう
  • 振袖に比べると地味になりやすい
  • 少数派なので目立ってしまう

このようにスーツは振袖に比べて楽ではありますが、どうしても地味な印象になってしまいます。その分髪型をこだわってみたり、コサージュやアクセサリーなどで工夫をしましょう。

「成人式には振袖を着る」という形式ばったこと、難しいことはしないというのは個性のひとつです。しかし、周囲の人と共に祝う正式な行事ですから、スーツにしてもドレスにしてもフォーマルを意識することがマナーです。

そして、振袖は独身女性の礼装・正装とされているため、砕けすぎた服装、露出度の高い服装は控え、ジーパンなどのラフなものやダメージのある服装も当然避けましょう。できる限り振袖と同等の服装がベターです。

成人式でのスーツの着こなし方

成人式にスーツでの服装をスーツにした場合、地味な印象にならないような着こなしポイントを紹介します。

スーツとインナー

スーツは王道の黒やネイビーなど、濃い目の色だと締まった印象を与えられます。この色味にインナーとしてシンプルなシャツを組み合わせてしまうと、リクルートスーツのような堅苦しさが出てしまいます。

そこで、ピンクなど色のついたシャツ、フリルやリボンのついたシャツがおすすめです。

またスーツはダークスーツでなければいけないという決まりはありません。パステルカラーのスーツで可愛らしく華やかな着こなしができます。

アクセサリー

色鮮やかなコサージュやブローチはスーツ姿に華やかさを与えてくれます。スーツの色に合わせて、より映える色を選びましょう。
また、アクセサリーも必須です。あまり派手すぎないパールが良く合います。

ヘアスタイル

気を付けるポイントは、リクルート感を出さないようシンプルな髪型は避けるということです。巻いた髪に髪飾りやカチューシャを使うと一気に華やかになります。

美容室で当日のヘアメイクの予約を受け付けているお店も多いので、相談してみると良いでしょう。

実際に振袖を着用する人としない人の割合

地域にもよりますが、成人式には毎年約9割が振袖で参加しているそうで、残りの1割、多いところでも2~3割がスーツなどの服装です。しかし近年少しずつスーツを着て参加する人も増えてきています。

昭和のころは、成人式の服装といえば女性は着物(多くは振袖)でした。それが最近では着物を着慣れていないことや、一日のためにさまざまな段取りが必要なことが負担になり、面倒だと感じる人も多いようです。

他にも経済的な理由や、結婚して子育てに忙しいことなどさまざまな事情が関係しています。また、振袖以外で個性を出したいという事も、振袖を着ないことにつながっているようです。

成人式に女性から振袖が選ばれる人気の理由とは?

昔から成人式に振袖が着られている理由

「人生の門出に身を清める」という古くからの言い伝えや、大人になって出会う人やさまざまなご縁を願うとともに、お清めや厄払いにも効果があると伝えられていることから、振袖を着用する習慣が始まりました。

成人式以外に、公式行事や式典で着用される振袖は、独身女性の礼装、正装です。振袖が礼装や正装となったのは、明治時代以降のことです。少女が成長して二十歳になり、大人の舞台に立つ日をイメージさせる大切な装いともされています。

現代でも成人式に振袖が人気の理由

日本の習慣のひとつでもある成人式の振袖。大人の仲間入りである成人の記念だから、一生に一度の成人式だから、振袖を着て参加したいと思う人は多くいます。家族に晴れ姿を見せたかったり、ご両親や祖父母の方々が娘の振袖姿を楽しみにしていて振袖が人気という理由もあります。

そして振袖は成人式でしか着用できないというイメージを持つ人も多いですが、正装となる振袖は成人式以外でも着用シーンの多い服装である事も人気の理由の一つです。例えば卒業式で袴と合わせて着用したり、結納や自分の結婚式、友人に招待された結婚式や初詣などでも着用できます。

さまざまな意味も込められた振袖の絵柄は華やかな印象を与え、長い袖にはしっかりと絵柄が描かれるので、立ち姿全体に絵柄がいっそう大きく映えて、とても魅力的です。

振袖一式の当日までの準備の方法を解説

振袖を決めるにはまず着物専門店へ行ってみるのが一番です。ここで成人式までの準備の流れを紹介します。

振袖の準備から成人式までの一般的な流れ

【ステップ1】着たい振袖や小物などを決める

まずは着物を決めます。レンタルの場合、着物やそれに合う小物がなくなる前に選ぶのがベストです。遅くとも10月頃までには決めたほうが良いです。

購入する場合は、仕立ての関係もあるので成人式の3カ月前までには決めましょう。着物を選ぶと同時にバッグや草履、帯なども一緒に決めます。

【ステップ2】前撮り

着物店により時期は異なりますが、成人式の前には前撮りを行います。それまでに髪飾りを決めておかなければなりません。またヘアメイクがセットになっていない場合には、美容院の予約が必要です。

【ステップ3】成人式当日

当日の朝ヘアメイクや着付けを行い、式に臨みます。ネイルをやりたい場合には数日前に済ませてしまいましょう。

着物選びにはまず着物専門店へ

一般的に、着物専門店では前撮り、ヘアメイク、メイク、着付けがセットになっています。他にも袴やクリーニング、ブライダル特典が付いていたり、お店ごとに少しずつプランの違いがあるので慎重にお店選びをしましょう。

おすすめの着物専門店である京都きもの友禅では、毎年150種類以上もの新作を出し続けており、古典的な伝統柄からモダンな流行柄まで品ぞろえ豊富です。成人式の振袖を選ぶのには最適な着物専門店です。

熟練の和裁士が一点一点丁寧に仕立てるなど、品質に徹底的にこだわり、中間業者を通さずメーカーから直接仕入れすることで、安価な料金提供を実現しています。

着物を見学するだけのご来店も大歓迎で、お店にいる着物アドバイザーにはいつでも無料で相談することができます。

まとめ

これまで女性の成人式の服装についてお話してきました。ポイントは大きく分けて3つあります。

  • 成人式の女性の服装として振袖が圧倒的人気
  • スーツやワンピース、ドレス等、フォーマルな服装の選択肢もある
  • 洋服なら周りへの配慮やマナーを考え、ラフなものやカジュアルなものは避ける
  • 二次会は会場によってドレスや洋服など、服装を選ぶ

人生で一度きりの成人式です。写真にも残るので、慎重に服装選びをしましょう。

多くの柄や着物の種類を揃え、毎年新作を出し続ける京都きもの友禅は、成人式の振袖選びには最適な着物専門店です。また、高品質で安価な料金提供を実現しています。

一度公式サイトやカタログを見てみるのはいかがですか?きっと自分らしくお気に入りの振袖に出会えるでしょう。

京都きもの友禅を見てみる

TOP